05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2011.10/20(Thu)

プロ漫画家が居る漫画研究部『マンけん。』


マンけん。 1 (サンデーGXコミックス)マンけん。 1 (サンデーGXコミックス)
(2011/10/19)
加瀬 大輝

商品詳細を見る


この漫画を買った動機が作者の成年コミックにお世話になったからという不純な動機なんだけど、同人も含めてこの業界そんな事珍しくないし別にいいよね!

作品タイトル通りマンけん、つまり大抵の学校にある「漫画研究部」のお話。ただ、普通と少し違うのは主人公の女の子・日笠倖がまだ新人とはいえプロの漫画家と言う事。才色兼備な彼女がよもや漫画を描いているなんて事は周囲は知らないし、彼女自身プロの自覚があり多忙な事もあって当初はマン研に興味を示さなかった。

が、とあるキッカケでマン研の部長に目をつけられ、半ば強引に部室に連れて行かれるとそこは持ち込んだ漫画やゲームに現を抜かす者達の集まりだった。実際こーいう名ばかりのマン研って珍しくなさそうだけど、彼女は我慢できずタンカ切っちゃう。

マンけん。01

こう書くと彼女がマン研を変えていくサクセスストーリーのように感じるだろうけど、あくまでコレはあらすじ。倖を引き込んだ部長が実はかなりのキレ者で倖を入部させる事で何かを変えようとしている明確な意思が感じ取れる。

倖自身も部員かどうかもわからない謎のハイレベルな漫画描き「アノス」の存在を知り、ライバルと認めてマン研に入った事の意味を見い出す。

マンけん。02

ストーリー全体をまとめる為にあえて導入部分でもある豊崎アリスとのやりとりは書かなかったけど、漫画好きな人なら目頭が熱くなるんじゃないかな。どこぞのお嬢様を思わせるような風貌なのに内にはアツいものを秘めている彼女のギャップも魅力的。そして乗せられ易いのがたまにキズ。

さすがに一般紙でエロに期待していた訳ではないにしろ、不純な動機で手に取った事が申し訳なくなるぐらい本格的なマン研漫画。股間よりハートが熱くなる事は間違いない。
11:59  |  コミック紹介(初巻)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2011.10/08(Sat)

健康優良ゾンビ娘。『りびんぐでっど!』


りびんぐでっど! 1 (少年チャンピオン・コミックス)りびんぐでっど! 1 (少年チャンピオン・コミックス)
(2011/10/07)
さと

商品詳細を見る


この子顔色わるっ!だってゾンビだもの。
週チャンで読切を経て連載になったゾンビ娘との同居コメディーで、開始2コマ目でヒロインが死ぬ。

このゾンビ娘の’もなこ’が生前からの性格とはいえ、超ポジティブかつ行動力の塊なので居候先の主人公・青山くんが周囲にバレないよう四苦八苦するのが定番の流れ。

同じ週チャン内の居候漫画、イカ娘あたりは緩い雰囲気を見てニヤニヤするタイプだけど、こちらは本気で笑わせに来るギャグ漫画寄りだと思う。とにかく’もなこ’のゾンビの体を活かした行動とナナメ上の言動が絶妙にマッチしてて笑える。

りびんぐでっど!01

ゾンビの定義も昔とかなり変わったよね。映画でも最近は元気に全力疾走したりしてるし。
彼女には世界一元気なゾンビを目指して貰いたい。もうなってるか。
13:21  |  コミック紹介(初巻)  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2011.09/29(Thu)

むちむち(自称)女子高生『イモリ201』


イモリ201(1) (ヤングマガジンコミックス)イモリ201(1) (ヤングマガジンコミックス)
(2011/07/06)
今井 ユウ

商品詳細を見る


表紙があざとい。二次オタなら平積みされてると手に取っちゃうよね。
週刊のヤンマガで読切掲載されてから月刊で連載してるんだっけか。こないだ週刊ヤンマガに出張掲載されてるの見て存在を思い出した。

主人公の引越し先のお隣さんが女子高生、のフリをした21歳のババァっていうバカコメディーで、制服着たまま飲酒したり従姉妹になりすまして高校に侵入したりと破天荒な行動をして警察のお世話になるという王道パターンを持っている作品。

何故そこまでして女子高生にこだわるのかは謎だけど、その持ち前のムチムチボディで年齢のハンデを帳消しにして数々のあざといシーンをこなす彼女を見ていると下半身が許しちゃう。「くそう、コイツは本物じゃない・・・ババァなのに・・!」

イモリ01

いや普通に井森可愛いけどね。(^ω^)ペロペロ
13:14  |  コミック紹介(初巻)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2011.09/22(Thu)

青山×山根コンビ再び。『バード -最凶雀士VS天才魔術師』


バード -最凶雀士VS天才魔術師- 1 (近代麻雀コミックス)バード -最凶雀士VS天才魔術師- 1 (近代麻雀コミックス)
(2011/07/07)
青山 広美、山根 和俊 他

商品詳細を見る


チャンピオンで連載してた『ギャンブルフィッシュ』が大好きだったんだので青山×山根コンビのこの漫画を知った時は嬉しかったな。で、気付いたらいつの間にか単行本出てた。来月にはもう2巻も出るじゃないか。

作品のタイトルにもあるように「蛇」と呼ばれる最凶雀士と天才マジシャン「バード」による、ヤクザの’しのぎ’を賭けた麻雀勝負のお話なんだけど、青山×山根コンビの漫画で普通に麻雀する訳もなくイカサマやトンデモ理論が横行するイカれた内容になってる(褒め言葉)。

蛇を最凶と知らしめたる理由が最新式の全自動雀卓上で『天和』(牌が配られた時点でアガリが出来てる)をブッぱなすという単純にして最強の技を持っている事。蛇がこの技を得る為のサクセスストーリー的な場面もチラッと出ているので運という曖昧な表現ではなくトンデモ理論、方法が用意されているようなので期待。

バード側としては今の所その方法を見破る事が勝利を得る為の絶対条件という流れ。もはや麻雀漫画と言って良いのかよくわからないっていう。

そして『ギャンブルフィッシュ』よろしく、イケメンVS変態の構図が素晴らしい。

バード01

へ、変態だーっ!!

変態なのはともかく読んでて思うのが彼は果たしてSなのかMなのか。
うーん気になる。「全自動雀卓天和」の方法より気になる。これほどの疑問は久しぶりです。
06:31  |  コミック紹介(初巻)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2011.09/16(Fri)

つばなワールド入門書。『見かけの二重星』


見かけの二重星 (KCデラックス)見かけの二重星 (KCデラックス)
(2011/09/13)
つばな

商品詳細を見る


『第七女子会彷徨』の作者・つばなさんの単行本化作品としては二作目。七女が大好きなだけに他の作品だとどうなんだろう、と思ってたけど良くも悪くも同じような雰囲気で、日常の皮を被ったSF漫画。これはもう「つばなワールド」と銘打ってもいいと思う。

内容は主人公の女の子が突然謎の天才によって二人に分裂させられるという単純ながらもSFチックなお話。分裂しただけならSF度が低いけどタイムトラベルまでしちゃうからね。ほら、SF度がググッと上がった。

見かけの二重星01


分裂した二人は学校に日替わりで登校するんだけど片方が突如憧れの先輩とイイ感じになってしまって・・・と少女漫画なら(掲載誌は少女漫画だけど)このまま複雑な三角関係に発展していくんだろうけど、つばなワールドはそうさせてくれない。

分裂させた張本人である天才から増えたほうは「人間ではない」と告げられた途端、ニセモノの描写が真っ黒になって・・・・と状況が目まぐるしく変わる中で時までかけちゃう。

誤解の無いよう言っておくとニセモノに成り代わられるとか、ホラーな事にはならない。終始和やか。タイムトラベル後は死んだ姉が絡む話にシフトするんだけど、タイムトラベル物の矛盾というか姉の存在が読み手によって解釈が変わりそうな気がする。この辺りは仕方ないかな。

と、ここまでウダウダと流れを書いたけどやっぱり魅力的なのは日常漫画らしくキャラクターの掛け合い。主人公の綾子はアホの子だし、天才も大概。誤って綾子を二人にしてしまった改善策を考える人手が要る!と、自分も同じ方法で二人になっちゃうとか、その発想は盲点だったわ。

七女は話によっては「うーん?」と首をかしげてしまう話もあるので、最初に読むなら、つばなさん’らしさ’を集約したような内容になってるコッチを薦めたいかな。
11:35  |  コミック紹介(初巻)  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
PREV  | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。