08月≪ 2017年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2008.10/29(Wed)

挫折から挫折させる側へ? 『脳内格闘アキバシュート(3)』

脳内格闘アキバシュート 3 (3) (アクションコミックス)脳内格闘アキバシュート 3 (3) (アクションコミックス)
(2008/10/28)
本田 真吾

商品詳細を見る
~作品紹介~
男なら一度は夢見る「最強」の称号。大人になるにつれ忘れてゆくその夢を未だ見続ける一人の若者がいた。彼の名は秋庭秀斗。21歳、フリーター。格闘技経験は一切ないただの格闘技オタク。そんな男が’本当の最強’を目指したら・・・!?


主人公の自惚れっぷりが見ていて痛々しい本作品。そしてその自惚れが招いた事件が起こる。
駄ちゃんねるスレッド内で「ストライカー」というコテハン(固定ハンドルネーム)を使い自分の強さを誇示していた秀斗。そこにストライカーの実力を怪しむ「闘神」と名乗る者が現れ、実際にスパーリングオフをする事に。
「引きこもりニートの闘神にプロの格闘家の実力がどれ程のものか見せてやるか」
しかしソコは脳内格闘家、既にもう負けフラグビンビンです。

そしてストライカーを信じているギャラリーが見守る中速攻でフラグ回収。
アキバシュート01

彼の正体は駄ちゃんねる内でも噂になっていた秀斗のような口だけの人間を狩っている’駄ちゃんねらー狩り’だった。そしてそのまた正体は柔道家から転身、T-1に殴りこみを宣言した神崎進だった。
ネタ元は最近プロ格闘家転向宣言していた石井選手?石井選手とは違ってイケメンだけど血の気の多そうなキャラです。

そして同ジム内に居るミドル級チャンピオンの勇悟と神埼の試合で勇悟の代理として無理矢理リベンジマッチをする事になるが元々チャンピオンが出場するという良カードな試合だった為リスクを背負うハメに。
アキバシュート02

これは勝つしかないwむしろ無茶すぎて今度は逆に勝ちフラグとも言えるかもしれません。一億円の借金なんて背負ってしまったらソレを返済する為に奮闘する『清算格闘アキバシュート』になってしまう。ソレはソレで見てみたい気もしますが。
前回はミドルキックだけ練習してプロテスト合格。今回は首相撲だけ練習して試合に臨む。基本的に順番に覚えていくっていうスタンスなのかな?格闘漫画なんてそんなものか。でも秀斗の場合一つ覚えるごとに調子に乗りそうだなぁ。

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

12:08  |  コミック感想(続巻)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://naturalmanga.blog25.fc2.com/tb.php/95-8633326d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。