08月≪ 2017年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2008.10/26(Sun)

地味な天才、クボタン 『ジャイアントキリング(7)』

ジャイアントキリング表紙07
GIANT KILLING 7 (7) (モーニングKC)
~作品紹介~
低迷を続けるETU(East Tokyo United)に一人の男が監督として迎えられた。男の名は達海猛、イングランド5部のアマチュアクラブを、FAカップでベスト32に導きプレミアリーグのクラブをギリギリまで追い詰めた手腕の人物だ。そんな彼に古巣のクラブが白羽の矢を立てた訳だが、チーム内は開幕前から騒動ばかり、果たしてこの起用は吉と出るか凶と出るか。(wiki転載)


前巻のラストで世良君の活躍フラグが立ってたのに後半戦カットされてて吹いた。とは言え活躍したのは確かなようなのでガンナーズとの対戦で得点してくれそう。

そしていざガンナーズとの試合が始まるや否や攻められっぱなしのETU。なんとか凌いでいるものの要所要所で窪田が現れ中々主導権を握れない。ボーっしてそうでボールが回ってきても「えーっと・・」とか言いつつ的確な判断をしてる彼は中々クセ者臭がします。それもそのハズ、ガンナーズの攻撃的たる所以はこの窪田を軸にした圧倒的ボール支配率によるものだった。
ジャイアントキリング04

タツミにそこまで言わせるとは地味なクセしてやるなクボタン!

その窪田を抑えるという重要な役目を任された杉江だったが未だに窪田がどんな選手かと言う事を理解していない様子。元々守備的MFだった彼は洞察力と判断力の才能をFWで開花させた。
「なんでFWで開花したか・・・それがちゃんとわかってねえと奴はやっつけられねぇぜ?スギ。」
そう呟くタツミだったが窪田をアシスト担当だと思い込んでいる杉江はパスコースを防ぐ事しか考えていない。
ジャイアントキリング05

アッー!だからタツミに言われるんだよスギ!

こうして二点目を奪われ絶望的なETU。杉江が窪田を抑える事が出来れば今回空気だったETUのFW陣も本領発揮できるハズ。そして妙な動きを見せている王子の役割も気になります。逆転勝ちに縁のないETUが果たして3点も奪う事が出来るのか!?次は熱そうだ。

<過去記事>
FWのジレンマ ジャイアントキリング(6)

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

12:16  |  コミック感想(続巻)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://naturalmanga.blog25.fc2.com/tb.php/92-e71dd5e6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。