06月≪ 2017年03月 ≫07月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2008.09/20(Sat)

一寸帽子の闇 『月光条例(2)』

月光条例表紙02
月光条例 2 (2) (少年サンデーコミックス)
~作品紹介~
何十年かに一度、真っ青な月の光が「おとぎばなし」の世界をおかしくする。
おかしくなってしまった「おとぎばなし」の世界を正すべく、「月光条例」の使者である「鉢かづき姫」は「〈読み手〉」の世界に助けを求めやってくる。偶然「月光条例」の極印が刻まれ執行者となった岩崎月光は、おかしくなってしまった「おとぎばなし」を正すための戦いを始めることに……。


今回のお話は『一寸法師』。
有名だし自分も話の筋は大体わかっているつもりでしたが姫にお米を付けて~のくだりは知りませんでした。そしてこの部分が今回の話のポイントになっていますね。

「月打」されたのは鬼、と見せかけて姫、と見せかけて金棒でしたがコレは’物’でも光を浴びさえすれば意思を持って暴走し得るという証明になりました。これからは本当に「月打」されたのが一体誰なのか容易に判断出来ないので意外な展開が期待出来そうです。
そして今回暴走した金棒の威力がかつて恐竜を絶滅させたと言われている隕石並の威力というとんでもない状態。そんな相手を前にしても未だに自分を使おうとしない月光に鉢かづきが自分の覚悟を示す。
月光条例02

エロい脚を振り回し一人で鬼嫁を圧倒する鉢かづき。
「私は自分の使命に命をかけております。ならば!かけた命に男女の違いなどあろうはずはないでしょう!」

そして鉢かづきの言葉に心揺らされた月光は遂に彼女を使う覚悟を決め、暴走した金棒とガチンコ勝負。鉢かづきと月光の覚悟を持ってして金棒に打ち勝つ。
月光条例03

いつもながら藤田さんの漫画は相手を倒す時のセリフと演出がカッコいいです。冷静に考えれば金棒VS金棒という超シンプルな展開なんですけどね。「おとぎばなし」なんて素朴なモノをここまで派手に盛り上げてくれる藤田さんの技量あってこそだと思います。

次はヤンキーシンデレラのお話。期待です。

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

18:34  |  コミック感想(続巻)  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

コロンビーヌとルシィルがいたね。
よるつき | 2008.09.22(月) 13:51 | URL | コメント編集

藤田さんはギャルと婆さん書いたらあーなるんだよ・・・
でちこま | 2008.09.23(火) 08:12 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://naturalmanga.blog25.fc2.com/tb.php/64-665be6f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。