04月≪ 2017年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2008.09/06(Sat)

とりあえずひと区切り『クロサギ(20)』

クロサギ表紙20
クロサギ 20―戦慄の詐欺サスペンス (20) (ヤングサンデーコミックス)
~作品紹介~
詐欺師には、人(カモ)を騙して金銭を巻き上げる白鷺(シロサギ)、異性(カモ)を餌とし、心と体を弄ぶ赤鷺(アカサギ)、人を喰わずシロサギ、アカサギのみを喰らう黒鷺(クロサギ)がいる。父親がシロサギに嵌められて起こした一家心中で、ただ独り生き残った青年「黒崎」が、この世のシロサギを喰い尽くすため、詐欺師を騙し返す“クロサギ”となって立ち向かうサスペンス作品。


黒崎の人生を狂わせた張本人、御木本を遂に追い詰める本巻ですが割りとあっけなかった気もします。ヤングサンデー休刊に伴い予定が狂って話を駆け足で進めざるをえなかったのではないかなーと思ったり。
今回は一匹狼の黒崎には珍しく協力者が。標的を欺く為に被害者に多少協力してもらう事は何度かありましたが黒崎から腹を割って協力を求めたのは初めてではないでしょうか。親爺の息のかかった御木本を潰すには自分の持つカードしか使えない、そしてヘッドハンティング詐欺によって会社を辞めてしまったものの本来、愛社精神が高かった叶の利害が一致。M&A詐欺を潰す為に動き出す。
クロサギ01

どういった経緯でM&A詐欺を潰したかは漠然と理解しているものの文章にしろと言われると難しいし長くなるので割愛。御木本と直接対峙し、何故自分の親父を狙ったのかと問うが同じ詐欺師に対して愚問だと言う。
「餌に喰いついたカモだったから。あの男はカモとして私の前に存在した。だから喰った。それだけだ。」
黒崎もそれがわかっていたけど聞かずにはいられなかったのでしょう。
しかし詐欺は潰したものの親爺の差し金による警察の介入で御木本自体を黒崎的な意味で’潰す’事が出来なかった。自分には親爺を出し抜く方法がない、いっそ殺して自分も死んだほうが早い・・・そう嘆く黒崎を抱きしめ、ただ頷くだけの氷柱。
クロサギ02

相変わらずイイ娘だな~
この二人の微妙な関係は何となく好きです。しかし白石に彼女は「足かせにしかならない」と言われていたので新クロサギではその辺りが絡んだ話も出てくるのでしょうか。そして果たして親爺を出し抜ける日が来るのか、新クロサギに期待です。

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

11:48  |  コミック感想(続巻)  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://naturalmanga.blog25.fc2.com/tb.php/59-60609323
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

私書箱

池袋の私書箱の紹介です
2008/09/06(土) 14:28:14 | 激安!池袋の私書箱新規オープンです

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。