09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2011.09/23(Fri)

俺のファルネーゼがこんなに役に立つわけがない『ベルセルク(36)』


ベルセルク 36 (ジェッツコミックス)ベルセルク 36 (ジェッツコミックス)
(2011/09/23)
三浦建太郎

商品詳細を見る


もはや刊行ペースが丁度年一冊に定着しているので単行本派のファンはこの時期が待ち遠しいんだろうね。俺は待てないのでアニマルで読んじゃってるけど、やっぱり単行本で一気に読んだほうが面白い。雑誌で一年がかりだとブツ切り感がね。

どうしても妖精の島に到着する前の「寄り道」扱いされがちな今回の話だけど、イシドロとファルねーちゃんの急成長っぷりは目を見張るものがあるんじゃないかな。

特にファルねーちゃん。役立たず→子守り→魔術師見習い→守りの要 New!
大出世にも程がある。上半身すっぽんぽんで震えてた箱入り娘は何処へ。ファルねーちゃんの危なっかしさはステータスと思ってただけにちょっと寂しい。

ガッツは子連れ狂戦士が板についてきた。しるけも凄いナチュラルに背中に乗ってるんだもの。もうこれがデフォルトなのか車で言う所の仮免状態なだけなのか。こんな可愛いらしい教官乗ってたら構ってもらいたくてお兄さん暴走しちゃうよ!

可愛いと言えばイスマの人魚っぷりがマジ人魚。いやー人魚だったなんてビックリだよ(棒)

勝敗は決まってないけど結局の所この話の肝は、遥か先になるけどグリフィスら新生鷹の団との決戦の時に共闘する種族をゲットするって事だろうか。共闘とまでいかなくても一つの種族が丸々グリフィス側につかないってだけで勢力図はかなり変わりそうだし。

グリフィス側が人と人外の垣根を越えた国を作っちゃった訳で、ガッツ側もさすがに今の「ガッツ一行」だけじゃ無理があるよね。そもそもそんな単純な対立関係にはならないのかな。ずっと持ってるベッチーの存在もあるし。

今の流れで行くと仲間になるのは人魚と妖精。
ガッツ軍団はメルヘンだな・・・
10:11  |  コミック感想(続巻)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://naturalmanga.blog25.fc2.com/tb.php/462-5cc62b4d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。