09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2011.09/15(Thu)

限定版の描き下ろし作品が良作。『第七女子会彷徨(4)』


第七女子会彷徨 4 限定版(リュウコミックス)第七女子会彷徨 4 限定版(リュウコミックス)
(2011/09/13)
つばな

商品詳細を見る


読み終わるとカバーが内容ごちゃ混ぜにした一枚絵になってる事に気付いた。元々SF濃度が高いからこんな感じに詰め込んでも何ら違和感が無くて、むしろ七女らしさが感じられて良いと思う。

猫貯金箱の話の途中と最後に出てくる女性は普通に未来の高木さんって事でいいのかな?独特な描き方する事が多いから色々深読みしてしまう。ここからは夢の無い話になるけど、貯金箱のサイズが結構デカいので全部百円玉だと恐らく10万~15万ぐらい貯まる。外国の子牛なら一頭買えちゃうよ高木さん!

買ったのが限定版のほうなので描き下ろしの『ゴーストライター』の冊子が付いてた。
本編では「デジタル天国」にいては楽観的な扱いだけどこの話は否定的、というか問題点を指摘するような内容になっていて本編の二人は登場しない。

生前小説家だった人間が死後魂をデジタル化されても新作を出して良いのかどうか葛藤するっていう倫理観を問うような内容で、デジタル天国という世界観が生み出した興味深いお話になってる。

これは本編でやっちゃうと真面目すぎるから、こうして限定版付録って形で出したのは正解だと思う。死の概念が薄い世界だなーなんて思ってたけど本編で二人が(非)日常を過ごしている裏ではこんな事にもなってるんだなと。この話を読んで七女の世界観の厚みが増した気がするよ。
07:46  |  コミック感想(続巻)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://naturalmanga.blog25.fc2.com/tb.php/457-2b683b9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。