06月≪ 2017年03月 ≫07月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.06/28(Sun)

『それでも町は廻っている(3)』感想

それでも町は廻っている 3 (ヤングキングコミックス)それでも町は廻っている 3 (ヤングキングコミックス)
(2007/08/03)
石黒 正数

商品詳細を見る


本編とは関係ないんだけど、それ町を初めて買う時にこの3巻を1巻と間違えて買ってしまいました。
表紙の進入禁止マークを’1’と勘違いして・・・・。位置が絶妙すぎ。

本巻では歩鳥がミステリー好きになるキッカケを作った人物、静が登場。
骨董屋の孫娘である彼女はボーっとしているようで祖父を手玉に取ったり、八百屋と魚屋の言い合いをさりげに仲裁したり、面倒見が良かったりと高スペック。そんな彼女は自分でミステリー小説を書くぐらいのミステリー好きで幼児期の歩鳥に自作の小説を与え、歩鳥の人格形成に大きな影響を与えた人物であると見て取れます。
それ町07

また、この回でシーサイドの婆ちゃんが明言はしていないものの、歩鳥が大きくなったら自分の店で働いて貰おうかと思っているであろうシーンが’それ町’らしさが出ている気がします。この頃からこの町は廻っているんだなと。

もう一人、今までたまーに出てきてはコマの隅でツッコミをしていた爺さんが十年以上前に亡くなった婆ちゃんの旦那さんである事が判明。つまり幽霊。通行人がツッコミを入れている事に違和感を感じていても幽霊だと予想出来た人は少ないんじゃないかな。
十年以上この町を見守り続けてきた爺さんはもうこの町の守り神みたいなモノかもしれない。
・・・・いや、そんな大層なモンじゃないか。

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

16:30  |  コミック感想(続巻)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://naturalmanga.blog25.fc2.com/tb.php/321-4579d910
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。