07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.06/05(Fri)

『ワンピース(54)』感想

ONE PIECE 巻54 (ジャンプコミックス)ONE PIECE 巻54 (ジャンプコミックス)
(2009/06/04)
尾田 栄一郎

商品詳細を見る


エース救出のため海底監獄インペルダウンに向かうルフィ。
たった一人の為に世界政府を相手にする様子はロビン救出の時を彷彿とさせます。ましてや今回は一味が離れ離れになっている為に単独。その代わりに道中で懐かしい顔ぶれが次々と登場するのが見所。

今の所バギー、Mr.3、オカマが仲間(仮)になってるけど他の二人はともかく、Mr.3がちょっと意外。やっぱり彼のちょっと特殊な能力が関係してるのかな?
個人的にはバギーとの共闘がちょっと感動。

ワンピース06

作中ではどれだけの時間が経過しているのか定かではないけど、読者的には十年以上前の敵。
そんな彼とこうして、こんな場所で一緒に戦う事になるなんて当時誰が予想出来ただろうか。バギーの能力やキャラクター性が再登場させるのに都合が良かった、と言ってしまえば実際そうなのかもしれない。
でもこんな状況になったのは彼らの相手が’ルフィだったから’に他ならないと思う。
読者だけでなく作中の敵まで魅了してしまう彼の人柄はホント凄いの一言に尽きる。やっぱり冒険漫画の主人公はこうでないと!

くまに飛ばされた他のクルー達に関しては行き先ぐらいしかわからなかったけど、何だか各自がパワーアップしそうな場所へ飛ばされているような・・・・・。一つ一つエピソードを描いていたらまたストーリーが足踏みしてしまうのでアッサリ済ませるとは思うけど、最終的にどうやって合流するのかと。
でもどんなに都合の良い展開になっても今更文句なんて言いませんよ。面白いから!

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

06:40  |  コミック感想(続巻)  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑

ワンピースは好きだが、ルフィはどうも好きになれない。
ナミやロビンが裏切ったり出て行ったりしても不問なくせに、ウソップのときは仲間の反対に負け突き放す。
ゾロの言うことを信じず殺そうとする。
ウソップの所有物である船を勝手に燃やし、文句を言えば「気に入らないなら降りろ」
ハチがいくら止めても言うことをきかず突っ走り、そのせいでハチが撃たれたにも関わらず責任を1ミリも感じていない。あくまで悪いのは天竜人。
エースを助けに行かないといいながら処刑と知れば、仲間を放って心配もせず、更には病気だと言っておりトラウマまである女性を足に使う。
やなやつ。
よるつき | 2009.06.08(月) 15:36 | URL | コメント編集

そんなに粗探ししてやるなよ。
集団ってのはリーダーが多少ワガママなほうが上手くいくものだよ。
ましてやコレは漫画。楽しもうぜ?
でちこま | 2009.06.09(火) 07:09 | URL | コメント編集

懐かしい面子が登場しましたね。
コミックス派でしたっけ?

以降のボンちゃん(Mr.2)の活躍は見ものですよ。
アルビダ達もちょっとだけ出てたけど、あれもなんかの伏線じゃないかと思います。
よろ | 2009.06.12(金) 02:18 | URL | コメント編集

コミックス派なので周囲のネタバレ会話に耳を塞ぐ日々です。
でも読んでいる人が多いので色々話せるのはやっぱ楽しいです。

以前別れた時といい、オカマはオイしい所持って行きますねぇ。普通ならもう出番がなさそうな連中まで再登場しているあたり、尾田さんのキャラクターへの愛が感じられますね。
でちこま | 2009.06.12(金) 14:31 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://naturalmanga.blog25.fc2.com/tb.php/298-1725b495
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。