07月≪ 2017年08月 ≫09月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.04/09(Thu)

『ビーチスターズ(7)』感想

ビーチスターズ 7 (ヤングサンデーコミックス)ビーチスターズ 7 (ヤングサンデーコミックス)
(2009/03/30)
森尾 正博

商品詳細を見る
~作品紹介~
七瀬イルカはバレーボールをこよなく愛する高校2年生の少女。しかし17歳の誕生日に悲劇は起こる。立て続けに多くの部員が退部し、女子バレーボール部は廃部を余儀なくされた。失意のイルカは友人から声をかけられお台場へ行くことに。彼女の見た光景は、ビーチバレーの試合だった。その日からビーチバレーの魅力に惹かれていく…。


ヤングサンデー休刊からYSスペシャルへ。喜んだのも束の間そこで第一部・完という形になったと聞いていたので絶望していたんですが、五月に創刊される『月刊少年サンデー』で連載継続。
本当ーーーーーーーーーーーーーーーに良かった!
それにゲッサンに掲載されればファンも増えるハズ。これからもウチはこの漫画を全力で応援します。

『ビーチスターズ』としては最終巻。
マドンナカップ予選決勝とコーチである涼子との勝負がメイン。
やはり前回から続いている決勝戦の試合が半端なかったかと。

ことみが過去のトラウマから脱した事によって驚異的な追い上げを見せる二人。
しかし周囲が遊んでいる中ビーチバレーに全力を注いできた倉地はこの突然現れたルーキー二人が許せなかった。
ビーチスターズ04

前年度優勝の実績と自身のプライドから怒りをあらわにする倉地。
だがひたすらバレーの練習をしてきたのはイルカ達も同じ。倉地のサーブを辛うじて受け止めた後の最後のスパイクシーンは本当に震えた。
「倉地ぃ!!バレーにすべてを懸けてきたのは、お前だけじゃない!!」
ビーチスターズ05

イルカの渾身の一撃を受け止め切れず見開きでブッ飛ぶ倉地。
もうね、そんなに俺を興奮させてどうするの?脱いじゃうよ?
試合に勝ったと言うよりK.Oしたと表現したほうがしっくりするぐらいの凄まじい結末。本当にこの漫画はビーチバレーのルールを借りた格闘漫画。だからこっちまでハイになるんですよね。
ゲッサン買おうかなーどうしようかなー。

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

09:53  |  コミック感想(続巻)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://naturalmanga.blog25.fc2.com/tb.php/249-defa6a98
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。