10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.03/04(Wed)

千利休の憂鬱 『へうげもの(8)』

へうげもの 8服 (8) (モーニングKC)へうげもの 8服 (8) (モーニングKC)
(2009/02/23)
山田 芳裕

商品詳細を見る
~作品紹介~
戦国時代、織田信長、豊臣秀吉に仕えた古田織部を主人公として茶道や茶器、美術や建築など、戦国時代の文化に重きを置いた作品。


秀吉と利休の溝が深まって切腹へのカウントダンが始まり目が離せない第8服。
秀吉暗殺後の後釜に家康を推す利休が彼を茶室に招き説得するシーンはまさに影で歴史が動く瞬間。信長、明智を裏で糸を引き葬った事をカミングアウトしてまで信用を得ようとするが逆に家康の口から明智が’わび’を極めていた事を知り、宗二を殺害してわびの芽を摘んだ秀吉と自分が同じ事をしていたと愕然とする。

へうげもの03

利休自身、口では家康を説得するのは賭けと言っていましたが恐らく自信はあったのではないでしょうか。カミングアウト後の家康の反応や囲炉裏の炭に手を当てるパフォーマンス、それら全て利休の計算だった気がします。そして計算どおり事が進んだと思いきや家康からのまさかのカウンター。自分もまさか明智の死がここまで来て重要視されるとは思っていませんでした。この後秀吉に堺に飛ばされ最後へと一歩近づく事に。利休ピンチ。

逆に笑い所はと言うと前回に引き続いてまた織部、伊達コンビ。二人のアクロバット茶の湯には声出して笑ってしまったw空中で水平移動する湯のみが激しさの中にもシュールさが。そうか!コレが’わび’なのか!

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

08:25  |  コミック感想(続巻)  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

いやいや、そこは「わび」じゃなくて「へうげ」なんじゃね?
と突っ込んでみる。
伊達的には「かぶき」かも。
楢柴を割って離反の意思を表明したシーンは衝撃でした。
山田先生は絵で驚かせたり笑わせるのが本当に上手い。

へうげ十作見に行こうと思います。
よろ | 2009.03.06(金) 00:49 | URL | コメント編集

何たる失態!やはりこの漫画は奥深いです。
十作行くんですか。自分も行こうかなと思いましたが0.5秒後ぐらいにはまぁいいやという結論に至りました。基本ヒキなもので。
レポお願いします!
でちこま | 2009.03.06(金) 02:12 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://naturalmanga.blog25.fc2.com/tb.php/212-31f47e94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。