10月≪ 2017年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.02/09(Mon)

ギャグ漫画界に(国産)黒船『ユビキタス大和(1)』

ユビキタス大和 1 (1) (ヤングマガジンコミックス)ユビキタス大和 1 (1) (ヤングマガジンコミックス)
(2009/02/06)
ルノアール兄弟

商品詳細を見る
~作品紹介~
どうすればもっとセクシーになれるのか?そんな事ばかり考えながらソバ屋で働くユビキタス大和と周囲の者で織り成すセクシーギャグ。


ほのぼの系やシュール系が幅を利かせている今のギャグ漫画業界には異質な存在とも言える漫画。表紙が全てを物語っていると言っても過言ではない強烈なキャラクターと勢いに任せて無理矢理笑わされてしまう。DMC作者の若杉公徳さんも帯で「もうセクシーすぎて笑うしかねぇ!」と絶賛しています。本当にそうだから困る。

何故そば屋にセクシーダンスガイが居るのか。そんな野暮な事を考えてしまうと負けです。
「そば屋でセクシーダンスガイが働いてはいけないとでも言うんですかい?」
と店主のオヤジさんも言っていますし、楽しんだモン勝ちなんですよ。

ユビキタス大和01

しかしそんな店に客が来るハズもなく、次第に経営不振になり気付けば店にやって来るのは変態ばかりという意味不明なそば屋の出来上がり。ただセクシーを追い求めているだけのユビがむしろマトモに見えるぐらいの強烈なキャラクターが次々と登場してユビのセクシーさが恋しくなってしまう事もしばしば。

途中から登場するオヤジさんの息子・和之進がこの漫画唯一の良心。と思いきや今までボケとツッコみをマルチにこなしていたオヤジさんが和之進と言うツッコみ役の登場で一層ハジける形に。個人的にはそのスタンスになってからのほうが好きなので次の巻は今回以上に楽しめます。

子供の頃、深く考えずに笑っていた古き良きギャグ漫画が’セクシー’というちょっと大人の香りを引っさげて帰ってきたような、そんな漫画。もうユビにクギヅケ!

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

15:18  |  コミック紹介(初巻)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://naturalmanga.blog25.fc2.com/tb.php/192-d2b7bcf7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。