06月≪ 2017年07月 ≫08月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.01/14(Wed)

只の癒し漫画と思うこと無かれ『ヘレンesp(1)』

ヘレン表紙01
ヘレンesp 1 (1) (少年チャンピオン・コミックス)
~作品紹介~
少女・ヘレンは、5年前に事故に遭い、両親と自らの視力・聴力・言葉を失ってしまった。しかしヘレンには感覚を失った代わりに不思議な能力(esp)が身に付く。ヘレンは幼少の頃よりの愛犬・ヴィクターと共に、自らの能力によって不思議な体験や事件に遭遇することになる。(wiki転載)


短期連載から始まり、ようやく刊行された一巻。
『フランケン・ふらん』も含めていつの間にか作者・木々津さんも好きな漫画家の一人になりました。常識外れの医療技術で依頼人の望みを叶えるふらんと、過酷な運命を背負いながらも多くを望まず今を生きるヘレンはある意味対極なのかもしれない。

ただ、表紙やあらすじを見て普通の癒し系漫画だと思って読むと少し驚くかも。基本的には少し不思議なヘレンの冒険を見ているようだけど、所々胸がチクリと痛む話や残酷なシーンもちらほら。印象に残ったのはノラ犬・ダンテの話。
かつてドッグレースで負け無しのチャンピオンだったダンテは今となっては食べ物を奪うノラ犬。しかし食べ物を奪うのは自分の為ではなく実は捨て子の世話をする為だった。自分の意志が通じるヘレンに子供を託そうと告げるがヘレンがダンテに襲われていると勘違いした学生達に殺されてしまう。
ヘレン01

この後フェードアウトしてダンテが殺されたと言う事実だけ表現される訳ではなくストレートに描かれていて、横でヘレンが怯えている姿がトラウマ。オリンピアの話もそうだけど、厚意から生まれた’自覚のない残酷性’が良い意味でも悪い意味でも妙な余韻を残してくれる。

ヘレン自身の癒しと、油断するとやって来る残酷性。そんなメリハリの効いたヘレンの世界を一度覗いてみてはどうだろう。

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

10:31  |  コミック紹介(初巻)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://naturalmanga.blog25.fc2.com/tb.php/161-765a65d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。