05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2008.12/30(Tue)

悲しき鬼『ガゴゼ(5)』

ガゴゼ 5 (5) (バーズコミックス)ガゴゼ 5 (5) (バーズコミックス)
(2008/12/24)
アントンシク

商品詳細を見る
~作品紹介~
夜が真に闇だった室町時代。妖魔も恐れる大鬼・ガゴゼは、時の将軍・足利義満の討伐隊により成敗される。力を失い追われる身となったガゴゼが出会うものとは!?


ガゴゼの旅も案外短く今回で最終巻。舞台は有盛達の居る本丸、京へ。
今回で終わるのは意外でしたがガゴゼの過去や鬼無砂との出会いをよく読んでみると繋がりがわかり、あー結構話よく出来てるなと感心。過去にガゴゼが暴れ出したのは恐らく伊奈沙の弟に自分が悪戯をしたせいで伊奈沙が国の人間に弾圧され自分への生贄にされた事への悔やみからで、そして現在、鬼無砂の村が流行り病で全滅したのは有盛達に討伐された際に自分の破片が村へ飛んでいった影響?と思われる。多分。

過去では伊奈沙、そして今まさに鬼無砂が生贄にされようとしている所で自身の体の復活という流れは熱かった。
ガゴゼ01

そして同時に復活した自身の分身とも言える呪詛る神との戦いはまさに怪獣大決戦。小さくなっていたガゴゼの唯一とも言える仲間だったチンロンも最後までガゴゼを助け、散ってゆく姿も泣かせる。

「ねぇガゴゼ、アタシたちもし別の形で会ってたら・・・・」
ガゴゼ02

恋心にも似た感情を持ってしまった不器用な鬼のほんの些細な悪戯心から始まった哀しい物語。読み始めた頃と最後でこんなに印象が変わる作品も珍しい。自分は作品の終わり方は結構重要視するほうなんですがこの漫画に関しては満点に近い。これ以上の終わり方はないかと。

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

19:29  |  コミック感想(続巻)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://naturalmanga.blog25.fc2.com/tb.php/146-e0ec8406
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。