03月≪ 2017年04月 ≫05月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2008.12/22(Mon)

千年計画の果てに 『学園創世猫天(5)』

猫天表紙05
学園創世猫天! 5 (5) (チャンピオンREDコミックス)
~作品紹介~
いにしえの呪いが封印された又美学園に入学した優美と猫の勘助。そこで大妖怪’火焔’と’双龍の姫’との争いに巻き込まれ不思議な力を得る事に。猫がしゃべって少女が戦うドラマチックアクション!


最終巻なので一応ネタバレ注意。

今までは霊獣の開放を目的とした火焔と争っていましたが本巻で遂に黒幕が登場。それは千年もの間転生を重ね、学園創始者でもある桟道信久だった。霊獣達が開放された所で現代の人間の科学力の前では到底適わない。だからこそ自分が霊獣をコントロールし自然災害に見せかけてコッソリ世界を制圧しようと言う何とも地味で現実的な悪者。何気に漫画史上最も地球に優しい支配者(志望)なのかもしれない。でも支配とは別にちゃっかり自分の幸せの為に姫を蘇らせようととする桟道。女の子居ないと寂しいもんね!
猫天03

「君に姫を産んでもらう」なんて言うのでロリコン乙と思っていたら儀式による処女堕胎。しかしいくら地球に優しい悪者でも儀式の準備なんてし始めれば周りに止めてと言っているようなモノ。霊獣、人間、猫達が一丸となって止めに向かう中、秋藤センパイ覚醒。
猫天04

火焔に乗っ取られていると思われていたが実は最初から乗っ取られていなかった秋藤センパイ。な、なんだってー!
そして(台本どおり)巨大化した桟道はアッサリ敗退。作者コメントでも書いてあるとおり主人公コンビはほとんど活躍せず。勘助は半ば無理矢理気味にトドメ、優美に至っては脱がされて縛られていただけって・・・。
もう少し時間をかけて猫との絆を読む側に感じさせていればエピローグでの猫の言葉がわからなくなって「言葉なんてなくたって・・・」と優美が言うシーンで感動もあっただろうに。惜しい。
少なくともこの作者の絵は大好きなので次回作期待しております。

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

08:53  |  コミック感想(続巻)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://naturalmanga.blog25.fc2.com/tb.php/140-4c90bb68
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。