06月≪ 2017年03月 ≫07月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2008.12/03(Wed)

蕎麦屋から始まる物語 『とめはねっ!(4)』

とめはね表紙04
とめはねっ! 4 (4) (ヤングサンデーコミックス)
~作品紹介~
主人公の大江縁はカナダ帰りの帰国子女。中学卒業後に帰国し、鎌倉市のはずれにある私立鈴里高校に入学するが、部員数が足りなく廃部の危機にあった書道部の先輩たちに弱みを握られ、入部させられてしまう。入部後は書道に興味を少しずつ持ち始めた縁であったが、その矢先にクラスメイトの望月結希が投げ飛ばした男子生徒が直撃し、利き手の右腕を骨折してしまう。縁を骨折させてしまったという結希の弱みを握った先輩たちは「字が書けなくなっている縁の代わりに」という理由で、柔道部のホープであった結希も臨時部員として入部させようとするが……(wiki転載)


見た目も中身もパッとしない縁にモテ期到来。臨時のアルバイトに行った蕎麦屋の娘が以前一緒に合宿をした鵠沼学園の生徒の一人、宮田麻衣だった。これなんてギャルゲ?
持ち前の覇気のなさが原因で使えないオーラが漂い始めるも此処は鎌倉。外国人観光客が来店した際に帰国子女の本領発揮。
とめはね01

はい惚れた!
自分の評価を最初に落としておいて後から持ち上げるのは常套句。縁も中々の策士です。俺なら間違いなく注文全部ざるそばにする。
電話番号も交換して縁と結構絡んでいるので一応結希のライバル的な位置になるのか。

一方、「書の甲子園」に出す作品に大字書を薦められるも崩した字を書く事に抵抗があり悩む結希。しかし偶然会った縁の祖母の話を聞いて決意を固める事になる。
とめはね02
そよ風!って思ったら本当にそよ風だった。でも説明を聞いているとそよ風と言うより隙間風な気がしたのは俺だけではないハズ。逆に暴風を表した字はどんな感じなんだろう。普通に嵐って書かれそうだけど・・・

兎にも角にも整った楷書では感じられない良さに感銘を受けた結希。無事に大字書を完成させたようですが読者にソレがお披露目されるのは結果発表の時のようです。感動した事から字を選ぶらしいので結希の事だから突飛な文字が期待出来そう。

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

09:38  |  コミック感想(続巻)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://naturalmanga.blog25.fc2.com/tb.php/125-d31f8fd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。