06月≪ 2017年03月 ≫07月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2008.11/27(Thu)

FWとしての決心 『ジャイアントキリング(8)』

GIANT KILLING 8 (8) (モーニングKC)GIANT KILLING 8 (8) (モーニングKC)
(2008/11/21)
綱本 将也

商品詳細を見る
~作品紹介~
低迷を続けるETU(East Tokyo United)に一人の男が監督として迎えられた。男の名は達海猛、イングランド5部のアマチュアクラブを、FAカップでベスト32に導きプレミアリーグのクラブをギリギリまで追い詰めた手腕の人物だ。そんな彼に古巣のクラブが白羽の矢を立てた訳だが、チーム内は開幕前から騒動ばかり、果たしてこの起用は吉と出るか凶と出るか。(wiki転載)


二点差のまま後半を迎えたETU陣。しかし選手が荒れている中タツミはココから逆転したほうが面白いと余裕の表情。一見押されているように見える試合でも目に見えるものだけが全てじゃない、俺達は確実に向こうにダメージを与えているから心配するなとだけ告げて選手を送り出すタツミ。それに応えるかのように前半いいようにやられた窪田を抑え始めた杉江。
ジャイアントキリング06

いいぞスギ!これでもう笑い方キモいクボタンなんか怖くねぇ!
窪田を抑える事でチャンスが増え、反撃開始かと思いきや攻撃の要である夏木の動きに迷いが。試合前、夏木に「前線まで味方が運んできたボールはチームのボールか?お前のボールか?」と問いかけたタツミ。それは確かにチームのボールだがエゴイストになれるFWは違うと言う。
「そいつをチームのボールとわかったうえで自分のボールだと思い込める度胸がある。味方の想いを背負いきって自分のためにプレーできるか、それがエゴイスティックなFWとしての決心だよ」

学生時代、体育でサッカーやったりすると必ずクラスに一人は居るひたすらゴール付近で「ヘイ!ヘイ!」とパスを求める奴を思い出しました。授業でやるサッカーは半分お遊びのようなものなので当人は楽しみたい、シュートを打ちたいという欲望を晒け出していただけなんだろうけど突き詰めるとあーいった人種が強いFWになり得る可能性を秘めているのかもしれない。

そして葛藤する夏木の前に椿がもぎ取ってきたチャンスが巡ってくる・・・!
ジャイアントキリング07

タツミの意思を感じ取ったかのように遂に夏木が渾身のシュート。しかしポストに弾かれちまった!惜しい!でもまだボールは生きているっっ
「赤崎!俺に打たせろ!」
ようやく本能を剥き出しにした夏木のその言葉に惑わされたガンナーズを尻目に赤崎がシュート!!
「ギャサッ」
入ったあぁぁっっ!!わはっ わはっ わはっ
クボタン風に喜びを表現してみたけどこの得点を機にクボタン退場。スタミナつけて出直してきな!
リードしていても攻撃を緩める気がないガンナーズ相手にこれ以上点を許さずに逆転出来るのか!?タツミの言う’面白い試合’を実現して欲しいところ。

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

20:08  |  コミック感想(続巻)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://naturalmanga.blog25.fc2.com/tb.php/120-4ff0cf22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。