08月≪ 2017年09月 ≫10月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2008.11/23(Sun)

異常なまでの存在感 『ウルフガイ(4)』

ウルフガイ表紙04
ウルフガイ 4 (4) (ヤングチャンピオンコミックス)
~作品紹介~
人気小説ウルフガイシリーズより「狼の紋章」をコミック化。現代に生きる、野獣の精気を発する少年・犬神明。残虐で凶暴な壮絶バイオレンスアクション!


全く手を上げることなく無抵抗のまま羽黒グループを壊滅させた犬神は半ば学園のヒーロー。
生徒会の公開弁論会にてその事実が取り沙汰され犬神コールが湧き響き始めるが肝心の犬神は帰宅モード。狼だもんね。
そんな彼を引き止めに来た生徒会の言葉にイラ立ちを覚え、何かを決意したかのように体育館に向かう犬神。犬神の登場で歓声がより一層強くなった会場の中を進み壇上に上がった犬神は一言、
ウルフガイ01

まさに狼の咆哮。ただの一声で会場を静寂へと変えた彼の存在は他を圧倒する野生。自分が転入し羽黒グループの矛先が変わって内心安心していた連中が今更調子に乗って人をヒーロー扱いしている事に怒りをぶつける犬神。
「おまえらみんな羊だ!他人だけが頼りのおまえらにいったい何ができるっ 思いあがるのもいい加減にしろ!!腰抜けの羊どもが!」
ウルフガイ02

狼の誇りをぶつけた犬神。作画の迫力もプラスされてシビれる。強さを見せられるワケでもなく、只々その圧倒的な存在感を見せ付けられるキャラクターも珍しい。
そして犬神の言葉に静まり返る中、武装した黒田の乱入という悲劇が起こる。
手榴弾を投げ込み、銃を乱射し、阿鼻叫喚となった会場で逃げ遅れた副委員長の前に黒田が立ちはだかる。新たに芽生えた自分の性癖を押し付けようとするも思い通りにいかなかった黒田は遂に発砲・・・!

ウルフガイ03

カ ッ コ 良 す ぎ
自分は他人の助けはアテにしないと言いつつ他人は助ける彼。一言で言ってしまえば広い意味でのツンデレなんだけどそんな言葉を使うのが失礼とまで思わせる程のカッコ良さ。アタシ、犬神君になら抱かれてもいいワ!

この日は満月。この後黒田がどんなメに遭うのか楽しみです。

<過去記事>
ウルフガイ(3)

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

15:59  |  コミック感想(続巻)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://naturalmanga.blog25.fc2.com/tb.php/116-92712434
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。