05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2008.11/13(Thu)

影の頑張りやさん『イヌジニン-犬神人-(1)』

イヌジニン ―犬神人― (1) (怪BOOKS)イヌジニン ―犬神人― (1) (怪BOOKS)
(2008/08/18)
室井 大資

商品詳細を見る
~作品紹介~
古来より、ある神社で汚れ仕事を一手に引き受けていた集団がいる。死体処理、暗殺、呪術、警備・・・。時代は移りその集団は形を変え現代まで残っていた。気が澱み、力の均衡が崩れるときに生まれ出でる「怪」。その怪を人知れず鎮め社会の表面に出さないようにする組織、それが犬神人である。


新刊ではなく夏ぐらいに出た漫画。書籍情報誌「ダ・ヴィンチ」の片隅で紹介されていたのが目に入り買ってみました。一話完結モノで怪奇事件をイヌジニン達が解決していくといった流れのようです。

イヌジニン達にはそれぞれ役割があり、「目」が怪の動きをとらえ、「耳」が怪の考えを感じ取り、「頭」が怪のルールや行動パターンを割り出し、「声」が’あっち’と’こっち’の’まんなか’に行った「手」にそれを伝えるといった連携によって怪を処理するので、いくら主人公補正がかかっていても「手」だけでは怪自体には太刀打ち出来ないと言う縛りが面白さを加味しています。
イヌジニン01

絵の雰囲気などから一見堅そうな印象を受けるけど案外そうでもなく、シュールな発言や流れもあって読み易い。このテの話にそんな部分はいらないと言う人も居るかもしれませんがそういった箸休め的な部分も含めて自分はこの漫画が好きです。主人公が妙にカッケェし。

掲載されている「コミック怪」の発売頻度が低い(季節ごと?)ため単行本はイイトコ一年に一冊ぐらいってのが歯がゆい。と言うかこの漫画がキッカケで本誌が気になり始めたのでバックナンバーを買ってみようか考え中だったり。

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

08:08  |  コミック紹介(初巻)  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

随分マイナーな雑誌から見つけてきましたね。
そういえば、妖怪とか伝奇ものっぽいのが好きなんでしたね。
漫喫には置いてないだろうから、見つけたら買ってみます。
よろ | 2008.11.14(金) 08:11 | URL | コメント編集

自分もたまたまダヴィンチ読んでいなければ存在すら知らなかったと思います。
イヌジニンはよろめきさんも結構楽しめると思います。多分!
でちこま | 2008.11.15(土) 10:52 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://naturalmanga.blog25.fc2.com/tb.php/107-9d362703
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。