06月≪ 2017年03月 ≫07月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2008.11/05(Wed)

ダウジング師匠散る 『黒鷺死体宅配便(10)』

黒鷺死体宅配便 (10) (角川コミックス・エース 91-15)黒鷺死体宅配便 (10) (角川コミックス・エース 91-15)
(2008/11/05)
大塚 英志山崎 峰水

商品詳細を見る
~作品紹介~
それぞれ特技を持った某仏教大学の学生5人が、望まぬ形で死を迎えた依頼人(死体)の望みを聞き、報酬と引き換えにその願いを叶えていく新感覚ホラー漫画。(wiki転載)


話としては一番短かったけど普段グループの中では一番お調子者な沼田の過去に触れる話が印象的。死体を発見する沼田のダウジング能力には実は師匠居て、彼らが超能力番組の番宣CM撮影ロケの手伝いに行った先で偶然遭遇。元々やらせ番組なのでそろそろテコ入れがてら本物の死体でもダウジングで見つけてくれと依頼されたとの事。
普通に考えれば無茶な依頼だが実はロケ地では二十年前女性が失踪して未だ未解決の事件が存在していた。

ロケの事を犯人が知ると師匠が危ない。沼田達はダウジングに向かった師匠を追ったが既に手遅れだった・・・
黒鷺01

師匠アッサリ死んだなー。唐津のイタコ能力があれば死んでも会話出来てしまうのでこの漫画において命の価値はどーにも低い。キーマンが死なないと話が始まらないスタンスなので仕方がないんだけど、逆にこういった潔いと言うかアッサリしたB級っぽい流れを楽しむのがこの漫画の楽しみ方な気がします。

そして師匠の遺志を継ぎ、死体の場所を突き止めた沼田と唐津の元に犯人が現れ、
「そこだ・・・あんたの足元・・・60cmほど下に埋まっている」

黒鷺02

犯人発狂。悪い事はするモンじゃないね!

ラストの師匠との回想で沼田の家族に何かあった事は明白ながら謎のまま。いずれ話すと言っている沼田の意思を待つしかなさそうです。

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

09:27  |  コミック感想(続巻)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://naturalmanga.blog25.fc2.com/tb.php/101-b64c713b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。