04月≪ 2011年05月 ≫06月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2011.05/28(Sat)

チャンピオン(26号)

そーいやイカ娘の二期ってまた夏じゃないのか?せっかく作品が常夏設定なんだから見る時も真夏にエアコンなんかつけずに観賞したい所なんだが。

『イカ』
むしろ今まで枕与えてなかった事にドン引きだわ。
エビ枕なんて本当にあるのかとググったらエビフライ枕ならあった。誰得。

『バイトJ』
予選二位て。ミクの痛車の人も凄かったよね。あれは優勝だっけ?なんだろう痛車オーナーは色々フッ切れているのだろうか。

『ペダル』
真波君は居眠りリセット。御堂筋は坊主にして心機一転。さぁ我らが主人公、小野田君は・・・!何もないんかい!

『浦安』
順子さんのアヘ顔はまだですか。

『バキ』
未だに喧嘩にすらなってならないね。一方的すぎて。
とはいえ刃牙が勇次郎と拮抗してても違和感あるしこれでいいのか。

『バチバチ』
やっぱり’自分の土俵’に持ち込んだほうが勝つってのが勝負の常か。

『囚人リク』
登場時は酷い奴だったのにもう読者の心を掴んだレノマ。キャラの扱い巧いね。
月の下で懲罰に耐えてる姿がかっけぇ。

『ゾンビ』
このクラスノリ良すぎ。灰田登校しても多分大丈夫だろ。
この漫画は単語のチョイスが色々おかしい。いい意味で。

『はみどる』
おでんの竹輪の穴に汁が残ってたりするとリアルにせりかみたいになるから困る。

『ケルベロス』
若い頃の長老怖ぇ。ションベンちびりそう。
軍服属性があるので後ろの娘が気になる。といっても今はもう婆さんか。
スポンサーサイト
12:44  |  チャンピオン  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2011.05/26(Thu)

『オシエシラバス』-高尾じんぐ-


オシエシラバス(1) (ヤングガンガンコミックス)オシエシラバス(1) (ヤングガンガンコミックス)
(2011/05/25)
高尾 じんぐ

商品詳細を見る


前作『んぐるわ会報』から注目していた作者、高尾じんぐさんの二作目。間にヤンガンで4コマも掲載された事があってこの人は一発屋ではないと確信を持ってた。そして二作目も期待通り、いや期待以上の作品で嬉しい。

受験の時期にはまだ程遠い時期の高校一年生・まといが古本屋で何気なく買った参考書の中から現れたのは自分を家庭教師と名乗る教恵(おしえ)。そしてこの本を開いた以上受験に成功しないと死ぬと告げられ、同居生活が始まるーーー

コメディ漫画のド定番である居候モノは導入部分や構成が既にテンプレ化しちゃってる今日、漫画の魅力=居候キャラの魅力と言っても過言ではないと思う。つまりだ、数恵サイコーと!

家庭教師としての責任感を前面に表しながらも、まといを好き過ぎて自分の欲望と葛藤、敗退。「お風呂で背中流しっこ」の為に課題の訳(解答)を教えてしまうという百合っぷりダメっぷりを発揮したり、専門教科の先生と熱心に勉強しているまといに構って貰えず、寂しくなってついには勉強の邪魔までしてしまう数恵を見ているともうニヤニヤするしかない。

オシエシラバス01

コメディ好きも百合好きも楽しめる、カテキョーコメディもといユリキョーコメディ。
「こんな家庭教師俺の所にも来て欲しい」そんな事を思っているソコの貴方!彼女は受験生の前にしか現れません。オッサンの前には現れませんので悪しからず。


(´;ω;`)ブワッ
00:57  |  コミック紹介(初巻)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2011.05/20(Fri)

ヤンジャンとか。

『乙女のホゾシタ』終わっちゃったねぇ、結構好きだったんだけど。南田を選んで終わったのはちょっと意外だったかな。それはそうと南田って初期の頃と比べてポッチャリになったというか等身減ってなかった?太った話はあった気がするけど引きずってるだけなのか。

逆に『へ~せいポリスメン!!』は意外に息が長い。ゴウがボケ役だった初期より周囲がボケに回ってる今の形になった頃から安定し始めた感じ。変態率が高くなってゴウの影が薄くなってるけど彼はわりとキャラが立ってるのでそれ程気にならないかな。

最近始まったものの中では『グランドスラム』が面白いかな。どの辺りが?を問われるとイマイチ答えられないが・・・。同じ高校野球モノならヤンマガの『砂の栄冠』のほうがインパクトあるし。あくまで相対的に。

巻末作者コメントで今週の質問がドラえもんの道具を一つ使えるとしたら?みたいな質問だったけど、大半の人がどこでもドアって答えている中カウンタック作者の梅澤さんが「雲固めガス」って答えてるのには好感持ったわ。

やっぱりスーパーカーの漫画描いてるだけあって、童心というか夢を忘れてないんだなーと。大人になってから雲の上に乗ってみたいなんて実際中々出ないと思うよ。
08:26  |  日記  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2011.05/19(Thu)

となりの怪物くん(7)


となりの怪物くん(7) (デザートコミックス)となりの怪物くん(7) (デザートコミックス)
(2011/05/13)
ろびこ

商品詳細を見る


大島さんと夏目さんがハッキリと失恋。大島さんはクラスが一緒になったキッカケもあってハルとの関係も修復しそう。「私 今度はちゃんと吉田くんと友達になりたい」彼女のこの言葉には恋人になれないから友達で、といった半ば妥協のような考えは一切感じない。片想いをしていたハルに対して誠意のある彼女らしい言い方で良かった。

一方夏目さんはまだ未練がありそう?今の所は何とも言えないね。

俺が男だからってのもあるかもしれないけど、とにかくヤマケンと雫のやりとりが面白くて仕方がない。好きな子には素直になれない、邪険にしてしまうなんてよく言うけどホントそのまんますぎて。ファストフード店でのやりとりはもはやコントのようだったがw

雫は雫でたまーーにドキッとするような事を言うのがいやらしいよね。あの母ちゃんの血を引いてるんだから魔性の女の素質があってもおかしくない。いや母ちゃんどんな人かハッキリわからんからイメージなんだけど、冒頭のW丼発言してるあたり、若い頃はイケイケだったんじゃないの。

それはそうと安藤、お前パフェ食ったろ。
00:20  |  コミック感想(続巻)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2011.05/15(Sun)

ロボット残党兵(5)


ロボット残党兵 5(リュウコミックス)ロボット残党兵 5(リュウコミックス)
(2011/05/13)
横尾 公敏

商品詳細を見る



5巻で終わると思っていなかったのでビックリ。打ち切り?
確かに途中から話に付いていけないというか展開が早い気はしてたけど。

旧日本軍の特攻隊さながらの作戦なのに皆生きてるのはちょっと笑ってしまった。最終巻だし、皆バッタバッタ死んでいくんだろうなーなんて思ってたからね。いや、ソコは死んどけよとw

ラストは「ロボと言えば巨大ロボだろ!」と言わんばかりの巨大ロボ対決。俺を含めたこの漫画に期待してた読者はこーいうシーンは望んでなかったと思うんだよね多分。作者もヤケクソ気味だったのかもしれないけど。

作品の独自性はズバ抜けた作品なので一巻読んだ時はすごく期待していた。それだけにちょっと残念な結果になってしまった。各国のロボをもっと差別化しながらじっくり話を進めていけば良作になったと思うんだけど・・・どうも戦闘のドンパチありきの展開が目立ってたので。

とりあえず同作者の次の連載がもう始まるみたいなので次に期待。
12:21  |  コミック感想(続巻)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2011.05/12(Thu)

学園黙示録H.O.T.D(7)


学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 7 (ドラゴンコミックスエイジ さ 1-1-7)学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 7 (ドラゴンコミックスエイジ さ 1-1-7)
(2011/05/06)
佐藤 大輔

商品詳細を見る


今回はブルーレイ付のも出てるんだっけ。アニメは5話ぐらいで見るの辞めちゃったからな。どの辺りで終わったのだろう。

彼らが状況に慣れてきたせいか最近はサバイバルというよりバトル色が強くなってきた感じ。毒島先輩がゾンビぶった斬るのに快楽を得ているような描写もあって先生も気にしてる様子。

後々毒島先輩が一線踏み外してヒャッハー状態になったりするかも?その時もコータを正気に戻したように先生の出番なのかな。先生自身は自分は何もしてないと言ってるけど医師として、そして唯一の大人として周囲のケアをしてるよね。読者的にはエロ担当だが。

今に始まった事じゃないけどメインヒロインの麗より毒島先輩優遇されすぎ。初期の頃から麗が残念ヒロイン扱いだったから仕方ないけどね。

コンビニで雨具装備した後のシーン、毒島先輩はお洒落なレインコート+和傘でド真ん中。一方麗はいたって普通のカッパで端っこ。もはや悪意すら感じるレベル。麗派の人は怒っていいよ。あ、俺先生派なんで巻き込まないで下さいね。

さぁて俺は平和に先生のおっぱいでも眺めt・・・・カッパでおっぱい隠れちゃったよおぉぉぉぉぉっ!!
07:58  |  コミック感想(続巻)  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2011.05/09(Mon)

雑記、ファンの定義とか。

春の陽気に誘われて気が付けば一ヶ月以上ブログを放置していた。三月以降世間では大きなニュースばかりで今年は激動の年なんて言われてるね。それも暗いニュースばかりで嫌になっちゃう。アメさんは喜んでるのかもしれないが。

先月は攻殻機動隊の劇場版見に行ったりしてた。3Dのやつ。
3D映画ってのが初めてでワクワクだったんだけど3Dに関しては案外拍子抜けだった感じ。攻殻ファンとしては電脳化を疑似体験できるからアリなんだけどね。他の映画でもあんなモノなのかな?

そしてなにより眼鏡の上に眼鏡をかけるという行為が不快で仕方ないw
一緒に見たダチも眼鏡なんだけど彼はフレームの細いタイプだからか然程気にならなかったらしい。自分はぶっといタイプなので全然フィットしなくて鼻先に3D眼鏡が乗ってる感じ。そのままだと常に眼鏡がズレてる感覚に襲われて集中出来なかったのでずっと手で支えてた。俺が気にしすぎなのかなぁ。いやいやアレは気持ち悪いって!

-----ここから漫画の話----------

4月は購入する新刊が少なかったうえに、書店で見当たらなくて未だに買ってない物も。トリプルファイアとか牙の旅商人とか。牙の旅商人は3月末か。ツイッター連動のキャンペーンやってるから参加するつもりだったんだけどね。

3月の『エコー/ゼオン』に続いて『アカンプリス』購入。

アカンプリス (TSコミックス)アカンプリス (TSコミックス)
(2011/04/30)
六道 神士

商品詳細を見る


掲載誌や裏表紙に載ってる話の流れから考えて百合っぽい話かと思ったら騙された。百合属性は無いので騙されて嬉しかったけど。これ六道さんをあまり知らない人がジャケ買いなんかしちゃったら大惨事じゃないの。ただ単発本だし内容もわかり易いので六道さん入門本としては丁度良さそう。


『デスレス』も含めて最近六道神士作品を読む機会が多かったから気付いたんだけど、なんだかんだで六道さんの漫画が一番付き合い長いんだよね。中坊の時にエクセル読み始めてずっとだもの。まさかこの歳になるまで続いてるとは思わなかったが・・・。藤田和日郎作品も長いけど『からくり』までは姉に借りて読んでたのでちょっと違う気がするし。

次点でワンピース、ベルセルクあたりも付き合い長いけど、この辺は作品が単体だからね。同作者の漫画を複数+長期間っていう点では俺の漫画歴の中で六道さんが占めてる割合は大きい。だから何だって話だけど自分の中では結構意外というか盲点だったので。

「一番好きな漫画は?」と聞かれると『ベルセルク』と答えるけど、それは果たしてベルセルクのファンなのか三浦さんのファンなのかと改めて問われると返答に困るかも。六道さんのように作品を複数描いてる場合は「ああ、自分はこの作家さんのファンなんだ」と簡単に自覚出来るんだけどね。

「自分はこの漫画が好きだから○○さんのファン!」と胸を張って言える人ならそれでいいと思う。ただ俺は変な所で頑固だからそーいう部分にも理由を求めてしまう。ま、何となく頭の中で引っかかったから書いただけだけどね。久しぶりの更新で長文になってしまった。やべぇ今月燃え尽きそう。
04:56  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。