11月≪ 2010年12月 ≫01月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.12/06(Mon)

1/11 じゅういちぶんのいち(1) 紹介


1/11 じゅういちぶんのいち 1 (ジャンプコミックス)1/11 じゅういちぶんのいち 1 (ジャンプコミックス)
(2010/12/03)
中村 尚儁

商品詳細を見る


季刊誌ジャンプSQ19で連載中の作品。
初めて読んだ時から新人なのに話の構成うめーなぁと感心したのを良く覚えている。
今月号でSQ本誌で読切が掲載もされ、かなり評価が上がってるようで何より。

自分の才能に限界を感じ、「本当に高いレベルへと辿り着けるのは神様に選ばれた人間だけだ」と、中学卒業と共にサッカーを辞めるつもりでいた主人公・安藤ソラが女子日本代表・若宮四季と出会う事によって彼の生き方に変化が生じるーーー

サッカーを題材に扱っている漫画だけど内容は主人公ソラと、その周囲の人間ドラマがメイン。全編を通しての主人公はソラなんだけど二話目以降は回ごとに主人公、目線が変わる。二話目はマネージャー、三話目はとあるイケメン青年、といった感じで。

全体的に主人公の心の中のセリフが多いんだけどソコが感情移入のし易さに一翼を担っている。思春期の少年少女特有の考え方や葛藤を見ているとある意味小説、文学作品を読んでいるような錯覚に陥る。でもこの作品は漫画。そんな彼らの心の中の変化を垣間見た先にはキャクター同士の対話、つまり漫画としてキチンと締められている。

よくワンピースなんかは「人が死なないのに感動する」みたいに言われる事があるけど、感動の条件に人死にありき、恋愛ありきな作品が多い中でそういったモノを含まずに人の心を打つ作品は貴重だと思う。

画像載せようかと思ってたけど話の流れがわかっちゃうとアレなんで辞め。
俺のつたない文章で少しでも興味が湧いたなら是非手にとってみて欲しい。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

11:19  |  コミック紹介(初巻)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。