11月≪ 2010年12月 ≫01月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2010.12/28(Tue)

ヤンマガとか。

始まった時は「野球漫画は食指が動かないなー」なんて思ってたけど『砂の栄冠』が結構面白い。
お金に対する葛藤や甲子園で勝つ為の理論、あと監督出し抜いたり。変わったベクトルの野球漫画で新鮮。

『モンタージュ』は今の所まぁまぁ面白いけど、このテのサスペンス物は尻すぼみになり易いのでどうだろう。とりあえず過去編の間はミクちゃん出ないのでションボリ。

『食べれません』の店の負債ネタ爆笑した。これに限らずこの人の発想はいつも感心する。
どうでもいいけどヤンマガ公式サイトの食べれません画像すっげぇ白くて鈴木その子さんみたいになってる。


ーーーーーーーーーーヤンマガここまでーーーーーーーーーーー

怪物王女の次の巻、DVD付が欲しいけど前の時も結局通常版にしたから今回もそうなりそう。普通にテレビで2期やってくれないかな。

限定版といえば『はるみねーしょん』のフィギュア付。近所の本屋で売ってたから買ったはいいけど思ったより小さい。ねんどろいどだから出来自体は良いんだけど。そもそも元絵からして失敗しようがない気もするが・・・。携帯にカメラ付いてりゃ嬉々として載せたかもしれないけど付いてない。デジカメはアキバでアラブ人?に売っちゃったし。一応お店なのにオッチャンの財布からお金渡されて吹きそうになったわ。やはりアキバはカオス。
スポンサーサイト
09:44  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2010.12/26(Sun)

チャンピオンとか。

『バキ』
「頭上から襲いくるものは防ぐことしかかなわぬ」
お得意のバキ理論だけど、俺は格闘ゲーム脳だからイマイチ納得出来ない。格闘ゲームは「飛ばせて落とす」が基本だからなー。列さんの事だから落とされないぐらいの強判定技なんだろうけど。

『三つ子』
このエロゲーどこで売ってるの?

『イカ』
なぜイカ息子ではないのか。

『ハンザ』
今までトントン拍子だったからそろそろ負けそう。
うーん、でも今回は勝つか。次ぐらい?

『キガタ』
幽霊ってそんなピンポイントな設定できんの。
今回恐怖新聞関係ないのね。

『ナガレ』
お嬢のセリフがいちいちエロい。ゴンゴン~のくだり。

ーーーーーーーーーーーーチャンピオンここまでーーーーーーーーーーーーーー

アイアムアヒーローの新刊読んだ。今までで一番悲しい巻だった。
噛まれてから変貌するまでに個人差があるのは何か意味があるのか単に本当に個人差なのか。

毎年クリスマスやバレンタインの時期に思い出す伝説のキャラクター、しっとマスク。
お世辞にも売れている漫画家とは言えない松沢さんだけど彼を生み出した功績は大きい。とはいえ実際の知名度ってどれぐらいなのかね。クリスマスと時期近いんだし、冬コミで彼のコスプレしてる猛者はいないのか。
09:03  |  チャンピオン  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2010.12/23(Thu)

雑記

ブレイブルー楽しい。趣味を一つに絞れと言われたら迷う事なく漫画なんだけどゲームも好きなんですよ。家ではあまりやらないけどね。PSPのタクティクスオウガ本体ごと買っておいて一度も起動してないし。駄目だこりゃ。

ヤンガンで『+チック姉さん』本連載に。
読切の『クーリングオン』掲載されてから一年ちょい。当時紹介記事も書いたので中々感慨深くもある。が、今となってはオカッパが可愛いと思うぐらい。もう少しネタの安定感が欲しい所。

最近気付いたんだけどヤンガンの連載作品って半分ぐらいメディアミックスされてて、俺の好きな漫画は漫画一本道の作品ばかり。別に俺は周囲とは違う(キリッ)なんて言うつもりはないけど、何なんだろうね。

雑誌で連載が始まって人気が出てアニメ化~の流れは当然だしいいんだけど、ラノベ原作やアニメのコミカライズが昔っからどーーにも合わない。ヤンガンの読者層だとやっぱラノベ購読層と結構被ってるのかな。小説は多少読むけどラノベ駄目なんだよね。オッサン手前ですからね、すみません。

愚痴っぽくなったけど今週は遥が可愛かったから許す。ペロペロ。
05:26  |  日記  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2010.12/18(Sat)

『みんな自分ちの猫がいちばんカワイイと思ってるんでしょ?』紹介


みんな自分ちのネコがいちばんカワイイと思ってるんでしょ?(1) (アクションコミックス)みんな自分ちのネコがいちばんカワイイと思ってるんでしょ?(1) (アクションコミックス)
(2010/05/28)
むらさき まこと

商品詳細を見る


ブログ休んでた一年の間で良かった漫画を順番に書いていこうかと言いながらひと月ぐらい経ってた。ま、暇な時に追々って事でとりあえずこの作品。個人的に色々ツボにハマった漫画だったので。

クソなげータイトル通り、いわゆる猫漫画。猫漫画というと猫を飼っている作者や飼い主の生活を描いた作品が多いイメージだけど、この作品は単に猫を題材にしたコメディ漫画。椿一家に飼われている猫・「おまめ」と周囲の猫や住民の生活を描いてる。例に漏れず基本ヌルい雰囲気の漫画だけど、俺ら(オタク)向けのスラング使ったり、映画のシーンパロったり、隣町の猫との抗争なんかではバトル漫画顔負けのシーンがあったりと描写の幅が広い。

冒頭で色々ツボったと書いたけど何よりもキャラクターが魅力的。おまめはブサ可愛いくて愛すべき馬鹿。そして椿姉妹はマジ天使。もうツイッターで「椿姉妹マジ天使」って何回言ったかわからねぇ。ソレは俺の二次性癖だからアテにならないけど猫共を含めたキャラクターに魅力があるのは確か。皆いい奴で和む。

みん猫01

みん猫02

唯一ネックなのがタイトル長すぎなうえ、何て略せばいいのかわからんからPCで打ち込む時や話す時に面倒っていう。
12:48  |  コミック紹介(初巻)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2010.12/11(Sat)

このマンガがすごい!2011


このマンガがすごい! 2011このマンガがすごい! 2011
(2010/12/10)
『このマンガがすごい!』編集部

商品詳細を見る


予想していたテルマエ首位が外れて二位。逆に進撃が一位だった。
今までの傾向から考えるとテルマエだと思ったんだけどなー。テルマエ読んでないけどな!

三位の『さよならもいわずに』は単発本っぽいので知らない作品。機会があれば読むかも。
あとタイトルすら知らないのは12位の『虫と歌』、18位の『俺は生ガンダム』ぐらいか。

嬉しい誤算は『青の祓魔師』『キングダム』が入っていた事。
両方とも良作バトル少年漫画って感じでこのテのランキングに入るのは意外だった。ましてやキングダムなんて何で今更っていう。基本、初期がら面白かっただろうに。

逆に不満点は『バチバチ』が入っていない事か。
すごい!に入賞するには’面白い’だけではなく、それ以外の付加価値が基本必要だと思うんだけどその点この作品はクリア出来ていると思うんだ。現実社会でも下火になっている相撲を題材にしながらも話を盛り上げ、人気をキープしているのは「すごい!」以外の言葉では表せないと思う。

引き合いに出すとファンの方に悪いけど同じチャンピオン内で連載している弱ペダが二年連続で入っているにも関わらず、バチバチが入らないってのは理解に苦しむ。もう少し評価されてもいいんじゃないの。

オンナ編は知っている作品も少ないので割愛。

ランキングは見てて楽しいけど、やっぱりすごい!漫画より自分の’好きな’漫画に巡り合う事が漫画を読む醍醐味だよ。
17:10  |  日記  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2010.12/09(Thu)

ヤンガンとか。

とりあえず先週末に出たヤングガンガンの事でも。

『んぐるわ会報』を描いていた高尾じんぐさんが帰還。『オシエシラバス』連載開始。
この人の漫画はジャンル的にはよくある女の子多めのコメディなんだけど、なんつーか狙いすぎていない作風で比較的万人受けするタイプだと思う。例を挙げるとそれ町とかよつばと!とか。そりゃあ知名度や面白さではまだまだ敵わないだろうけど、今後安定して良作を提供してくれるであろう作家さんだと思う。

荒川は昔のノリが戻ったようで久しぶりに面白かった。
確かにピーマンの中は空洞だが・・・・父ちゃん頑張ったな。

ニコイチも連載長いのに展開ごとに面白いから凄い。
いきなりこんな状況になるとは・・・次が気になりすぎる。

ダーカーはアビゲイルがツボなのでもっと出して下さい。
え?もう連載が終わる??

荒川に続いてミツルギも久々に良かった。
「集まれ凡人!」とか「オッパイが見れるかもしれない!!」とか。
広告のキャッチフレーズ考えてる人達の会議ってこんな感じなのだろうか。

死分つ、護が教師になるとしたら間違いなく生徒指導だなw
初期から読み返したいので単行本集めようかと考えてるけど古本でないんだよね。

~ヤンガンここまで~

今年のすごい!が出る前に何か書こうと思ってたら発売日もう明日だし。
去年上位だったバクマン。ワンピースはまだ上位圏内かな。ハガレンは最後盛り上がったらしいから順位上がりそう?今年話題に挙がっていた進撃の巨人とテルマエ・ロマエは上位だろうけど一位取るとしたら後者かな。俺は巨人読んで微妙だったので。世界観は面白いと思うけどね。キリッと予想しておいて全然知らない作品が一位取ったら笑う。

新規は『バチバチ』『鉄風』あたりは堅そう。
すごい!の好みで考えると『花もて語れ』辺りも入りそう。
単発本に関してはあまり読まないから何とも言えないなー。
10:03  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2010.12/06(Mon)

1/11 じゅういちぶんのいち(1) 紹介


1/11 じゅういちぶんのいち 1 (ジャンプコミックス)1/11 じゅういちぶんのいち 1 (ジャンプコミックス)
(2010/12/03)
中村 尚儁

商品詳細を見る


季刊誌ジャンプSQ19で連載中の作品。
初めて読んだ時から新人なのに話の構成うめーなぁと感心したのを良く覚えている。
今月号でSQ本誌で読切が掲載もされ、かなり評価が上がってるようで何より。

自分の才能に限界を感じ、「本当に高いレベルへと辿り着けるのは神様に選ばれた人間だけだ」と、中学卒業と共にサッカーを辞めるつもりでいた主人公・安藤ソラが女子日本代表・若宮四季と出会う事によって彼の生き方に変化が生じるーーー

サッカーを題材に扱っている漫画だけど内容は主人公ソラと、その周囲の人間ドラマがメイン。全編を通しての主人公はソラなんだけど二話目以降は回ごとに主人公、目線が変わる。二話目はマネージャー、三話目はとあるイケメン青年、といった感じで。

全体的に主人公の心の中のセリフが多いんだけどソコが感情移入のし易さに一翼を担っている。思春期の少年少女特有の考え方や葛藤を見ているとある意味小説、文学作品を読んでいるような錯覚に陥る。でもこの作品は漫画。そんな彼らの心の中の変化を垣間見た先にはキャクター同士の対話、つまり漫画としてキチンと締められている。

よくワンピースなんかは「人が死なないのに感動する」みたいに言われる事があるけど、感動の条件に人死にありき、恋愛ありきな作品が多い中でそういったモノを含まずに人の心を打つ作品は貴重だと思う。

画像載せようかと思ってたけど話の流れがわかっちゃうとアレなんで辞め。
俺のつたない文章で少しでも興味が湧いたなら是非手にとってみて欲しい。

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

11:19  |  コミック紹介(初巻)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2010.12/04(Sat)

今週読んだ雑誌とか。

ヤンジャン読んで一番ショックだったのは『ノノノノ』が次で打ち切りって事。
かなり前から打ち切り候補に挙がってたっぽいので持ったほうなのかもしれない。個人的に『エルフェンリート』はイマイチだったけどコレは好きだったのに。本当どの雑誌でも言える事だけどマイナースポーツでの長期連載は大きな壁があると思う。

『心配怪盗 NO FACE』は面白かったんだけど展開が読めてしまったかな。
あーいうキャラは’人を傷つけない’ってのがセオリーだから、しょっぱな怪我人が出た時点でうん?と。ある意味長年漫画を読み続けている故の弊害かもしれない。

ちょっと前に始まった『ガウリンガール』、主人公の子可愛いし好きなんだけど早くも掲載位置が後ろへ。『いぬばか』の後釜になってくれる事を期待してるんだけどなー。

月スピは惰性で読んでる感が否めないのでコメントし辛いな。
半年ぐらい前に始まったバスケ漫画『ドラゴンジャム』は面白いと思う。まともにバスケ漫画の連載読むのはスラムダンク以来のような。未だにバスケ漫画ってスラムダンク以外にパッと思い浮かばないからな。ジャンプのバスケ漫画はまだやってるのかな?

チャンピオンはスポーツ漫画が格方面ずっと安定してるよね。むしろスポーツ漫画偏差値ってのを仮に出したらトップ取れるぐらいの勢いかもしれない。去年はランクインしなかったけど今年はすごい!に『バチバチ』入ると思うんだよな。

唯一早くもクリスマスネタを掲載したキガタ。基本クリスマスに縁はないけど、こーいうクリスマスネタは和むから好きだよ。夜な夜なチュッチュする日じゃねぇんだよアベックども!

イカ娘の例の体重が捏造だと知ってショック。こんな話見たくなかった・・・
みんな(俺ら)にペロペロされつつも体重は100キロって所がミソだったのに。
でもパンツ履いてない設定なら飛ぶ事を許可する。
05:49  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2010.12/02(Thu)

よつばと!(10)

人気の高さに対して刊行ペースが大体一年に一回と遅めなので、毎年単行本が出る時期は周囲の漫画好きが騒がしくなる印象。ツイッターやってると余計にそう感じる。発売日はよつばと関連のツイートで溢れてたからなー。これだけ多くの人に愛されている漫画は少ないと思う。

感想なんて「よつば可愛い」の一言で完結しても納得されてしまいそうなんだけど一応少し。

よつばが嘘ついた時の父ちゃんの叱り方はアレだ、「もったいないお化け」や「ねないこだれだ」みたいに悪い事すると~なるって感じで異質な第三者を使って学ばせるやり方なんだけど、その後きちんと父ちゃん自身が締めている所に父ちゃんの父親としての責任感を強く感じる。

電気屋の話は笑ったなー。というかこの漫画においてのボケ役、風香・ジャンボが揃った時点でもう無理。顔がニヤける。風化はTシャツだけでは飽き足らず、アクセサリーまで全力投球してるし何なのこの娘?って思った矢先の父ちゃんの冷静なツッコみには耐えられなかった。小さい子にたわし勧める女子高生なんて初めて見たわ。
04:12  |  コミック感想(続巻)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。