10月≪ 2009年11月 ≫12月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.11/29(Sun)

今週(52号)のフルット

石黒さんが『バチバチ』にハマってるらしく、相撲ネタ。
「倒した相手をリヤカーに乗せて土俵の外に出せば勝ち」という妙なルールを加えた相撲でデンに勝負を挑むフルット。説明の段階でリヤカーに乗せられているシルエットがフルットなのでお前、勝つ気ねーだろと言いたくなる。

しかしソコは策士フルット。荷台の前を歩かないといけないリヤカーの性質を利用して見事?勇み足をもぎ取る事に成功。汚い、さすがフルット汚い。逆にデンが素直すぎる。もし相手が某ジャイアンならフルットはこの後間違いなくギタギタにされている。

ところで謎なのがリヤカーという発想が何処から出てきたのか。
仲間に頼んでいるとは言えあっさりリヤカーを調達してきているし、恐らくこの連中はリヤカーを使った事があるのでは?変な物を集めて物々交換とかやってそう。なにせ彼らはアウトロー・キャッツなのだから。

■今週わかった事
フルットは意外と体を張る若手芸人気質。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

07:38  |  チャンピオン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.11/23(Mon)

『怪物王女(10)』感想

怪物王女 10 (シリウスコミックス)怪物王女 10 (シリウスコミックス)
(2009/11/20)
光永 康則

商品詳細を見る


今回の見所はシルヴィア姉様のおっぱい・・・・もだけど、8巻ラストでシルエットだけ登場してた長兄デュケーンの登場か。シルエットの時点で変な格好してそうだなとは思っていたけど、想像以上でした。

見開き登場時こそカッコ良く登場したものの、ちょっとカメラを引くとどう見ても変態です。
アバラ見えてるからソレ服着てないよね?あれ、パンツ履くの忘れてない?顔隠す前にもっと隠す所あるだろ!とツッコミが追いつかない。そんなナリでクールに「雑魚に構うな」なんてキメちゃってるのが凄い。

服装のセンスはともかく、彼が姫達の兄であると同時に以前の王族争いの生き残りだった事には素直に驚いた。
前回の争いで一人ヘタレが居て実は未だに決着していなかったとは・・・・
デュケーンは今回の争いの正式参加者だけど、この名前も明かされなかったヘタレ王子はどうだったのだろうか。既に王座に就く権利もないのに今回の争いにちょっかいを出していたのなら只の迷惑なオッサンである。

ところで令裡がリザにファーストフードを与えているシーンがあったけど、深夜のドライブスルーで買ってきたんだろうか・・・・仲間の為に深夜ドライブスルーへまさに'飛んで'行く吸血鬼。やべぇ、只のパンツ要員じゃなかった。

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

21:52  |  コミック感想(続巻)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.11/21(Sat)

今週(51号)のフルット

なんと今回は4コマ。
と言っても話がつながっているので読む方向が違うだけの気も。

主人共々運動不足?のフルットの青ざめた表情がなんとも。
同じ流れなのに鯨井先輩とフルット、それぞれ'らしさ'が出ているのはキャラが立っているからこそ。
喧嘩してたのに最後に一緒にツッコんじゃってる黒い猫は初登場?前にも出た事あったっけ?
首つったのは普段二足歩行してる弊害じゃないのって思ったら周りも普通にしてるのでやはり運動不足か新種か。フルットは猫じゃなくてフルットっていう生き物なんだよ、多分。

そして鯨井先輩の最後の発言も見逃せない。
「新種の虫か何かになって・・・・誰にも見付からないように一生やり過ごす」

これは暗に頼子に対して「お前に会わない人生を送りたい」と言っているのではないだろうか。
今まで鯨井先輩はけっこう頼子に毒を吐かれたり酷い目に遭わされているのでそう思っていてもおかしくはない。今回もヘコまされてるし。ああ、やっぱり頼子コワイ。

■今回わかった事
・鯨井先輩わりとネガティブ
・フルットは猫のフリした何か

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

06:19  |  チャンピオン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.11/18(Wed)

『ぎんぎつね(1)』

ぎんぎつね 1 (ヤングジャンプコミックス)ぎんぎつね 1 (ヤングジャンプコミックス)
(2009/09/18)
落合 さより

商品詳細を見る
~作品紹介~
ここは、とある町の小さな稲荷神社。十五代目跡取・冴木まことは不思議な能力を持つ神使の狐・銀太郎が見えるのです。ですが、このお狐様、口は悪いしヤル気もない。おせっかいな性格のまことはその能力を人のために役立てようとしますが・・・。さて、神社の杜で今日は何が起こりますやら。
※単行本裏表紙より引用


平たく言うと妖怪モノの漫画。この漫画の場合、登場するのは神使だけど。
作者は巻末で「神社漫画というよりは動物漫画と思ってください」と言ってます。実際そんな感じだとは思う。

今まで神使という立場上、崇められてきた銀太郎に対して良くも悪くも普通に接するまことに、ぶっきらぼうながらも好意的な態度を見せる様子にニヤリとさせられる。
絵も話も柔らかい作風で万人受けしそうな気がします。自分がこのテの漫画が好きなのでひいき目もあるかもしれないけど、彼らの絆は間違いなく本物です。

ぎんぎつね01

話が逸れるけど船橋さんがベヨ姉に見えて仕方がない。

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

01:01  |  コミック紹介(初巻)  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2009.11/17(Tue)

『いもうとデイズ(1)』

いもうとデイズ 1 (アフタヌーンKC)いもうとデイズ 1 (アフタヌーンKC)
(2009/09/23)
田中 ユキ

商品詳細を見る
~作品紹介~
売れないホスト・悠太の前に突然やってきたフィリピン人少女・ディアナ。世代も言葉も違う者同士が出会った日から始まる、「兄と妹」の日々。
※単行本裏表紙より引用


凄くストレートなタイトルと表紙の漫画。
でも妹との共同生活における「もー、お兄ちゃんのエッチ!」みたいなテンプレ要素は皆無なので勘違いしないように。

一応兄と妹の関係だけど状況的にはほぼ親子。
ディアナが来るまでは近所の人間に挨拶もしない、いわゆる今時の若者だった悠太が彼女と生活するようになり次第に変化。その様子は純粋で真っ白な彼女に塗りつぶされていくようです。
まだ日本語も日本の常識も勉強中のディアナの突飛な行動は微笑ましいし、やはり兄というより父性本能をくすぐります。

いもうとデイズ01

堅苦しい説明や感想を述べなくても「ディアナ可愛い」の一言で十分なんだけどね。
妹や娘が欲しいけど無理な人はこの漫画読んで満足するといいよ。

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

03:09  |  コミック紹介(初巻)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.11/13(Fri)

今週のトムが凄くバーローだった件 from『ギャンブルフィッシュ』

自ら頭を拳銃でブチ抜いたアビィでしたがやはりそう簡単には死なない男。
右脳と左脳の裂け目にあるセーフティゾーンを狙って撃つ「ブレイン・スルー・ショット」で生還。
会場と読者のド肝を抜いたのも束の間、この一連の復活劇の流れはあらかじめ用意されていたものだと言い始め、まさかのバーロータイム。

ギャンブルフィッシュ01

ブレイン・スルー・ショットの成功率を高める為に園長は弾丸が小さい10連装リボルバーにしたのだと推理を披露するトム。彼のトリックを見破る才能は某チビッコ(のフリ)探偵にひけをとらない。

結局アビィが頭を打ち抜く事は計画通りだったのか、単に保険だったのかは謎。
さすがにリスクが大きすぎるので後者が妥当か。だとすると最悪の状況でも希望を残している園長って実はスゲーいい奴なんじゃね?

そして勝負が続行されて一番喜んでいるのは間違いなくキノコ。

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

19:53  |  チャンピオン  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.11/13(Fri)

今週(50号)のフルット

既に出している家庭も多いであろうコタツネタ。
昔から「猫はコタツで丸くなる」と言われている事に遺憾の意を唱えるアウトロー・キャッツ。
ノラ猫である彼らにとってはコタツなんて縁の無いものなので当然の主張です。もはやノラ猫とイエ猫は別の生き物と考えたほうが良いのかもしれない。

しかしフルットはその中間に位置する立場。
例の如く鯨井先輩に強制連行され即席コタツの燃料にされるフルット。

フルット01

フルットイン!
フ ル ッ ト イ ン !
フ ル ッ ト イ ン !

どうにもこのフレーズと放り込まれるフルットの姿が妙にマッチしてツボった。
でもこれネコタツってよりニャ(湯)タンポな件。

■今週わかった事
鯨井家の暖房器具はフルット。

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

19:10  |  チャンピオン  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.11/11(Wed)

フィギュアスケート漫画の代名詞になり得た作品『アイレボ』完結。

アイレボ-Ice Revolution 3 (ジャンプコミックス)アイレボ-Ice Revolution 3 (ジャンプコミックス)
(2009/11/04)
堤 亜弥

商品詳細を見る


第9話で本誌掲載が終了し、10話のweb掲載を経てこの3巻で最終話を書き下ろし、本作は完結。
打ち切りが公表されてからは惜しいという気持ちでいっぱいで漫画自体がどう完結するかは考える気も起きず、ぶっちゃけさほど気にならなかった。しかし打ち切りという制裁を受けながらも見事にまとめ、最後まで心打つ作品に仕上げてくれた作者二人には感謝の気持ちでいっぱいです。

コーチが突然他界し、自暴自棄になっているカオル。そんな彼を立ち直らせるため全日本Jrという大舞台の中でフィギュアスケートを通じて表現、見事にその想いを伝える事が出来た真崎は最高に輝いていた。

アイレボ03

連載が続いていれば空手譲りの荒々しい演技から繊細な演技へと移り変わっていく様子をじっくり感じる事が出来たんでしょうけどね。その辺りがすっ飛んでしまったのが心残り。

ここからは自分の愚痴と憶測の話。
惜しくも打ち切られたこの『アイレボ』ですが、少なくともネット上では間違いなく評判は良いほうだった。
ウチで一巻のレビューを書いた時に突然アクセスが跳ね上がったので解析で調べた所、どこかのニュースサイトで「アイレボという漫画が評判」という記事と共にウチや他の漫画ブログのリンクが貼られている記事があったのです。

ジャンプはアンケ至上主義らしいので連載開始直後のアンケが振るわなかった、と言えばそうなのかもしれません。一巻が出たぐらいの時期には既に打ち切りが決まっていたという噂も耳にしました。その辺は定かではありませんがアンケの結果次第では有り得る話でしょう。

ただ、SQ内において新人作家がアンケを獲得するのは非常に厳しかったと思う。
月ジャンからの移籍陣には既に固定ファン、他の連載陣は過去に週ジャンで実績を残している方ばかり。その辺りを含めてもう少し配慮があっても良かったのでは、と。

次の作品期待しています。頑張ってください。

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

09:42  |  コミック感想(続巻)  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2009.11/07(Sat)

牛VS牛 『も~れつバンビ(1)』

も~れつバンビ 1 (ヤングマガジンコミックス)も~れつバンビ 1 (ヤングマガジンコミックス)
(2009/11/06)
柏木 ハルコ

商品詳細を見る
~作品紹介~
太陽がさんさんと輝き爽やかな風が吹く、美しい海に囲まれた、とある南の島。そこにある牧場で生まれ育った子牛・バンビが気の強い少女・日和と出会ったことにより牛と牛が生死を懸けて戦う闘牛に参戦することに!
※単行本裏表紙より引用


牛です。牛漫画です。ただそれだけでも希少価値が高い。
しかも個人的に牛にはかなりお世話になっているほうなので。焼肉美味しいし、牛乳大好きだし、擬人化すればほぼ間違いなく巨乳だし。

この物語の主人公、バンビも元々は食肉用に育てられていた牛。
周囲の牛も人間に食べられる事があたかも当然のように受け入れている中、ふと彼は思う

バンビ01

いや君、牛だけどね。
この後、彼は牧場から逃亡しようと奮闘。その様子を見ていた日和の目に留まって闘牛として買われ、ひとまず食肉からは逃れられたものの彼の道は険しい。
「闘牛で勝ち続けるか 負けて死ぬか・・・二つに一つ」

牛主としては未熟で、基本根性論の日和に不安と反感を覚えながらも自分を信じてくれている彼女に次第に心を開いていくバンビを見ていると友情とは人間同士の感情ではないと感じさせられます。

バンビ02

万が一焼肉屋に卸された時は泣きながら食ってやるから安心しろバンビ。
願わくば君の人生が闘牛で終わる事を・・・

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

02:06  |  コミック紹介(初巻)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。