--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.06/15(Mon)

岩原裕二「いばらの王」劇場アニメ化決定

だそうです。
岩原裕二「いばらの王」劇場アニメ化決定 (別窓)

何故今更?など色々ツッコまれているようで。そりゃそうだ。
劇場アニメ化に丁度良いストーリーの長さってのもあるかもしれない。
岩原さんの絵は好きだけど作品自体はボチボチ面白い、ぐらいに記憶しているので見に行くかどうかはもう少し情報が出てからかな。何にせよ、こうして意外な作品が劇場アニメ化されるのは嬉しい。知っている作品だったからってのもあるけど。

普通にアニメ化されるより大画面で見たい作品ってのはやっぱりある。
大画面=迫力だからSF物やアクション物になっちゃうけどね。
個人的には『学園黙示録H.O.T.D』を推したい。単行本サイズであの迫力を劇場で見た日にはもう興奮を抑えきれない。入り口でティッシュ配っておくべき。


・・・鼻血用ですよ?念の為。
スポンサーサイト

テーマ : 日記とアニメ・マンガ関連ごちゃまぜ - ジャンル : アニメ・コミック

15:38  |  日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2009.06/15(Mon)

『バクマン。(3)』感想

バクマン。 3 (ジャンプコミックス)バクマン。 3 (ジャンプコミックス)
(2009/06/04)
大場 つぐみ

商品詳細を見る



今回は自分としては意外な展開が多かったです。
エイジとサイコー達がこれほど早い段階で顔を合わせるとは思っていなかった。てっきりサイコー達が’姿の見えない強敵’と戦うスタンスになるものだと。しかも顔を合わせるだけでなくアシスタントにまで。これがエイジがちらっと言った意外性というヤツだろうか。

そして今後ライバルになり得る新人、福田の漫画観が面白い。特に「凄いと面白いは違う」って所が。
読者を楽しませる事を第一に考えなければいけないってのはジャンプ作家の宿命だと思う。マイナー誌や青年誌の場合は昔から様々な漫画を読んで来た目の肥えた読者が多いので作家や編集が凄い、面白いと感じた物をそのまま掲載してもそれ程問題はないと思われる。でもジャンプは違う。漫画誌の中で一番売れている上に様々な層の読者が入り乱れているのでそれらの反応を無碍に出来ない。読者の立場になれる作家が有利と。まるでサービス業ですね。
でもソレがジャンプの良さなのでしょう。チャンピオン派の俺が言うのも説得力に欠ける気がするけど。

王道バトルマンガから王道探偵マンガに方向転換した事にも驚いた。確かに他誌では定番だなー。
でも他と被らないようにするには時計型麻酔銃・キック力増強シューズ・犯人追跡メガネなんかはNGワードだぞ?これは厳しい・・・

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

14:21  |  コミック感想(続巻)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。