--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2009.02/12(Thu)

冷血×変人=純粋 『となりの怪物くん(1)』

となりの怪物くん 1 (1) (デザートコミックス)となりの怪物くん 1 (1) (デザートコミックス)
(2009/01/13)
ろびこ

商品詳細を見る
~作品紹介~
となりの席の吉田くんは入学式初日の流血事件以来、一度も学校に来ない・・・・・。自分の成績にしか興味のなかった水谷雫はたまたまプリントを届けたため、その吉田春に勝手に友達認定されてしまう。春の純粋さを知って優しく接すると今度は告白までされて・・・(単行本裏表紙から引用)


昨日に引き続いて『ダヴィンチ』で紹介されていた漫画。こちらは少女漫画ですね。そしてこの漫画も個人的にかなりツボでした。とりあえず驚かされたのが展開の早さ、と言うかセオリーなんてお構いなしの流れ。一話目から出会い→友達認定(無理矢理)→拉致られてデート→喧嘩→告白(一方的)と目まぐるしい。それでも要所要所で二人がどんな人間かって事を読者にしっかり伝えているのが凄い。

他人に興味のない冷血少女の雫との出会いがキッカケで登校し始め、問題児のレッテルを張られながらも次第に周囲と溶け込んでいくハル。そしてそんなハルに感化されてか雫にも変化が起こり、本人もそれがハルのおかげだと自覚し始め好意を持つように。そうして互いに好きだと明言しているにも関わらず’付き合わない’のが面白い。

怪物くん01

最初はハルのほうから告白までしていたのにいつの間にか立場が逆転。互いに干渉し合い世界が変わった影響で’好き’の概念にズレが生じたんですかね。この互いの気持ちの差をこれからどう縮めるのかが見物です。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

09:05  |  コミック紹介(初巻)  |  TB(1)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。