--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2008.12/31(Wed)

発酵蔵の秘密『もやしもん(7)』

もやしもん 7―TALES OF AGRICULTURE (7) (イブニングKC)もやしもん 7―TALES OF AGRICULTURE (7) (イブニングKC)
(2008/12/22)
石川 雅之

商品詳細を見る
~作品紹介~
「某農業大学」に入学した主人公、沢木 惣右衛門 直保は、「菌やウイルスの存在」を知覚し、会話する事ができるという不思議な能力を持っていた。彼は、菌やウイルスに関する様々な騒動に巻き込まれていく。


フランス編が終わり、農大に戻って発酵蔵編の始まり。相変わらず樹教授が絡むと説明セリフが多くなって読むのが疲れる。読み飛ばして下さいと言わんばかりの長文は華麗にスルーしていますが。

ひょんな事から蔵の中に隠し通路らしきものがあると気付いた及川。とは言え特に深く追求する事もせず醸造作業を続けていたがその通路の入り口である壁から菌が漏れている所を見た沢木の呟きで何かを確信する。
もやしもん01

そーいや未だにコイツだけ沢木が菌が見えるという事を知らなかった。でもさすがに及川はエスパーではないのでこの場は単に沢木や皆が隠し通路の事を隠していると思った様子。そしてこれを機に本腰を入れて調べる事に。

一度目のフェイント入浴シーンで目が潰れた後、本命の入浴シーンで目が潤ってきたと思ったら外ののぞき集団が居た地面が陥没。そこにはどう見ても地下通路。お前らもうちょっと粘れよ・・・
そして通路が少なくとも発酵蔵のほうへ繋がっている事を確認した後、長谷川から人体実験の話を聞かされドキリ。食品添加物は食品市場においてのゆるやかな人体実験だという話に俺ドキリ。
兎にも角にもその実態は!?
もやしもん02
はい普通~
この漫画は’もやしもん’なんだから突然そんな血生臭い話になるワケがないんだけどね。もし教授が人体実験なんてやってたら恐らく沢木が登校初日に行方不明になって俺達の戦い(実験)はこれからだ!って感じで終わってる。

でも最後におじい共の意味深なセリフ。
「全てを知る必要はないし明かす事もないヨ」

・・・・・え?
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

12:29  |  コミック感想(続巻)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。