--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2008.11/17(Mon)

貴方の通う書店、イケてる?

昨夜知人と書店の話をしていたんですが、書店を選ぶ基準って何なんだろうなーと。
自宅の近くや通勤経路に超優良店があれば迷う事なくそこへ通うんでしょうけど、そううまくいかないのが世の常。大抵の人が自分の目当ての本が置いてないなどの理由で足を運ぶ書店という存在は複数ある事が多いと思います。ココになければアソコ・・・みたいな感じで。

書店を選ぶ大まかかな基準は立地を除くと品揃え、見易さ(探し易さ)、サービス(店員の態度等)、ポイントカードの有無あたりだと思います。以前私はカードを作った店で優先的に買うようにしていました。溜まったポイントで本が買えてお得感、消費者としては極々自然な流れだと思います。しかしブログを始めてから利用する書店の比率に変化が現れました。何か面白そうな漫画ないかなーと常に目を光らせる事が多くなったので見易さを重要視するように。

ここで言う見易さとは書店員が売りたがっている商品、要は平積み、面見せしている商品のセンス。
こればっかりはスペースの狭い店なんかはどうしようもない部分もあるんだけど、店が大きくても平積みしてるのは誰でも知っている、置いておけばとりあえず売れるような商品を機械的にドーンと積んでいるような店はやはり好きになれない。
こんな漫画もあるんだって思わせるような商品をメイン位置とまでいかなくても比較的目に留まりやすい場所に積んである店のほうが意外性があって楽しい。実際に買ってみて面白ければその書店への信頼感がグッと上がるしね。

少し話が逸れるけどココで買った漫画が自分に合わなくても書店員を恨んではダメです。良くも悪くもマイナー漫画は万人受けする内容でない事が多いので百発百中で面白いと思える事はまずないと心構えておくべき。あくまで書店員は新たな良い作品に出遭える’可能性’を与えてくれているだけです。
妙に肩入れしてますが私は別に書店員じゃないですよ?念の為。

上記で述べた事は全て私の価値観なので人によってそれぞれ書店の選び方は千差万別だとは思います。
そもそも必要な情報、欲しい本は全てネットで済ますという方も少なくないでしょう。
でも脳内好きな食べ物ランキングが新たな出会いと共に上下するのと同じように書店ランキングも見直してみるのも面白いかもしれません。
書店の場合は結局距離の関係があるから難しいんだけどね!
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : アニメ・コミック

09:29  |  日記  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。