06月≪ 2008年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2008.06/29(Sun)

ラブやん(10)

ラブやん 10 (10) (アフタヌーンKC)ラブやん 10 (10) (アフタヌーンKC)
(2008/06/23)
田丸 浩史

商品詳細を見る


~作品紹介~
ロリ・オタ・プーの三拍子揃った駄目人間大森カズフサと、彼の恋を成就させるためにラブ時空からやってきた愛のキューピッドである女性天使ラブやんが繰り広げるギャグ漫画。


表紙誰だよって思ってたらロリやんだった。・・・・ゴクリ。

今回で宇宙人のラムチェンが退場
ラブやん


結婚して実質退場した庵子と同様にもう話に絡む事はないんでしょうか。
10巻という大台に乗ったとは言えそろそろ終わりに向けて整理に入ってると思えなくもない。
まぁアクの強いキャラの多いこの作品で彼女は影が薄かった気もしますが。

そしてそんな事より(失礼)今回で遂にカズフサが30歳に!
らぶやん02


普通の人でも30代突入となるとヘコむ人が多いでしょう。
それをロリ・オタ・プーを維持しながらとか・・・・

痛  す  ぎ  る

これを節目に再度自分を見直せって言われてんのに結局最後の締めは

「明日から頑張る」

ダメだこいつ・・・早く何とかしないと・・・


30歳になってお互い余裕がなくなったのか変なフラグも立ってしまいました。
カズフサがラブやんを全く女扱いしない事に泣いてマジギレ。
ラブやん03


つーか傍から見ればもうお前等付き合ってるようなモンだろ・・・
ラブやんの言うとおりカズフサはまだ恵まれてるよね。

正直このマンガのハッピーエンドの可能性ってラブやんとくっつくしか選択肢がないような。
でもギャグ漫画だし、最後くっついて連載終わっちゃったら読み返す時に「どーせ最後くっつくやん」っていう冷めた見方になってしまいそうだから避けて欲しいかな。まぁないと思いますが。

そもそも天使だから戸籍ないよね。
スポンサーサイト

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

10:38  |  コミック感想(続巻)  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
2008.06/27(Fri)

コイネコ(5)

コイネコ 5 (5) (サンデーGXコミックス)コイネコ 5 (5) (サンデーGXコミックス)
(2008/06/19)
真島 悦也

商品詳細を見る


~作品紹介~
主人公・シンタにぞっこんな猫娘ナオ。
周囲のクラスメイトや猫達とのドタバタを描くコメディー漫画。


4巻の終わりでワカバに猫耳を見られて遂にナオが猫である事がバレてしまった二人。
それでも何とか誤魔化そうとアレは特殊メイクだと言い張るが・・・
コイネコ01


アレは本物だと確信してるワカバ。
しかしそんな事よりも好きな人に嘘をつかれる事が辛い。そりゃそうだよね。
ホントこのテの漫画の主人公はヘタレが多くて困る。

結局猫なのに空気を読んだナオが全てを打ち明けワカバも猫の世界へコンニチワ!

コイネコ02

「ようこそ!猫の世界へ!だ!」

そしてその過程でボスの座をナオに奪われたミカヅキ。
速攻でタメ口になる子分に吹いたwある意味猫らしい。


この巻では新キャラも登場。
コイネコ03


ワカバが昔、猫息子を見たという前フリがあったのでそのコかと思ったけど違うようです。
ボーイッシュだけど一人称が普通に「私」だから一応女の子なんでしょうか。
人間に捨てられたと言いつつ速攻で飼い主とヨリを戻しちゃったし、これからどう絡むのか。

しかし最後のミイコの話は切ない。
猫は飼い主の事もスグ忘れるってよく言うからなぁ。
人間に対する想いを失ってしまった彼女はもうヒトの姿になる事はないんでしょうか・・・


タイトルと表紙と猫娘っていう設定が傍から見ると狙い過ぎな感じなので誤解される方も多いでしょう。でもこんな言い方は失礼だけど意外と面白いですよこの漫画。

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

20:10  |  コミック感想(続巻)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2008.06/26(Thu)

今週(30号)のチャンピオン

ブログのテーマの一つでもあるチャンピオンの感想、今回が一発目です。
読んでない漫画と今回特にツッコみ所のなかったものは省略しています。

『ギャンブルフィッシュ』
脳天カチ割られた人死んでなかった・・・
しかし美華さん「やんっ!!」はエロい。

『バキ』
先生!ウチ新聞とってません!

『みつどもえ』
水着回。
・・・ふぅ。
みつどもえ01


相変わらず次女空気www
宮下さんヘアピン付けてたら危ないぜ。

『クローバー』
トドメを刺しておけばこんな事には・・・

『D-ZOIC』
ユタとどめだけって・・・L  V  上  げ  か  よ

『エンジェルボイス』
ここで負けてスラムダンク的な終わり方は勘弁して下さいよ。

『イカ娘』
イカ娘01

新ジャンル イ  カ  耳

『パニッシャー』
パニ01

これはねーよwwwww

シャフォーさん双子ですか?

『アクト』
いやぁ、男臭い。イイ意味で。

『マイティハート』
そんなラブコメより早く戦闘員を出すんだ。

読み切り『天国遊戯-ヘブンズゲーム-』
その他01


生き返らせようとしてる相手のアラが次々と発覚。
果たして何処まで真実なのか・・・後編に期待。

『鉄鍋のジャンR』
作ってる時何でそんなに笑顔なんだよw

『覇道』
この漫画で女の子初めて見た気がするんだけど。

『ルックアップ』
今週もキモかった。


チャンピオンの裏表紙、魔女神判2の広告だったけどあのゲーム17才以上って制限あったのかw
一応エロゲって自覚はあるんですね。そりゃそうか。

テーマ : マンガ - ジャンル : アニメ・コミック

13:41  |  チャンピオン  |  TB(0)  |  CM(3)  |  EDIT  |  Top↑
2008.06/25(Wed)

ファイティング猫

タイトルで釣ったほうがいいよと言われたので単行本名は辞めてみた。
ついでに愚痴を言うとアマゾン画像出なさすぎ。

猫天1


~作品紹介~
いにしえの呪いが封印された叉美学園。
大妖怪「火焔」と「双籠の姫」との争いに巻き込まれ生徒と猫が大奮闘。


天空の門も開いて物語も佳境です。
これから先は誰かが死ぬかもしれない。
その二葉の言葉に迷っている優美に珍しくカンスケがキメてくれました。

猫天2

「どんな道でもオレはオマエの前を歩く 前を歩いて全てをかけてオマエを守る・・・・・そこがオレのナワバリだからな」


かっけぇ!かっけぇよカンスケさん!パネェっす!


猫だけど。

まぁ結局その後オチがあったんですがココで言うのは野暮なのでやめておきましょう。


その後、体育館を襲おうとしている霊獣をおっぱい担当小鳥とムサシマルが体を張って止める!

猫天3

「特盛超辛シシカバブー!」

何故にシシカバブーw
相変わらずこのコンビが戦う時は大ゴマですね。
おっぱいの大きさに比例してるんですね、わかります。

そのおっぱい担当小鳥の幼馴染、海也が既に霊獣・牙に乗っ取られている事が発覚。
圧倒的な強さを見せ付ける彼の心中にカンスケが気付き

カンスケ「ふざけんじゃねーッ!!」(画像略)

どうやら彼は本気で殺すつもりはなく、適当に叩きのめして諦めさせようとしてたと言う。優しいね!
そして彼の口から過去が語られ真実が明らかに。
いつの時代も自分(人間)の事しか考えないアタマの固い人間が居るって事ですね。

『いばらの王』の時も6巻で終わったし、今回もそれぐらいで終わりそうな雰囲気。
ストーリー物としては物足りないって言う人も居るかもしれないけど、これぐらいのボリュームの話もアリだと思います。

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

19:05  |  コミック感想(続巻)  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2008.06/24(Tue)

ベクター・ケースファイル(4)

ベクター・ケースファイル 4―稲穂の昆虫記 (4) (チャンピオンREDコミックス)ベクター・ケースファイル 4―稲穂の昆虫記 (4) (チャンピオンREDコミックス)
(2008/06/20)
藤見 泰高

商品詳細を見る


~作品紹介~
昆虫に詳しい女子高生、榎稲穂(えのきいなほ)が虫にまつわる事件を解決していく、一話完結型のストーリー漫画。


新キャラのチャイナ娘が表紙の第四巻(アマゾン画像出てませんが・・・)
表紙ではわからなかったんですが、
ベクター1


上乳だけならまだしも、下乳まで見せるとは何て素晴・・・けしからん!
もう横に居るロリ妹なんてアウトオブ眼中ですよ。

そんな俺の性癖は置いといて、このロリ妹のほうが実は高校生で主人公の学校へ編入してきます。
まぁぶっちゃけお約束の流れですね。
例のグリーン・プラネットとか言う若干怪しげな団体に関わる生徒も絡んできてこれからどうなるか期待です。

チャイナ姉妹の登場で巻内ですっかり影が薄くなっていた主人公がようやく本領発揮されるのがゴキブリ回
ベクター(衛生害虫)がテーマの作品なのでいつかは出てくるとは思ってましたが遂に登場。
しかし全然関係ない事で出鼻を挫かれました。

ベクター2


ふ ら ん さ ん 、 何 し て る ん で す か

チャンピオンRED繋がりとは言え、なんという友情出演。
秋田書店フリーダムすぎるw

話を戻して本編はあずさの中華料理屋に大量のゴキが発生というもの。
これはねーよwって思うぐらいのゴキ軍団の中で対策を行う二人。凄すぎる。

色々ゴキの習性や対策法など勉強になったけど、一匹や二匹ぐらいなら新聞紙で叩いたほうが早いけどね。
さすがに大量発生したら自分でどーこーする気にはなれません・・・


チャイナおっぱいで釣られてゴキブリで落とされる何ともレベルの高い内容でした。

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

17:45  |  コミック感想(続巻)  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑
2008.06/23(Mon)

ウルフガイ(3)

ウルフガイ 3 (3) (ヤングチャンピオンコミックス)ウルフガイ 3 (3) (ヤングチャンピオンコミックス)
(2008/06/20)
平井 和正

商品詳細を見る


~作品紹介~
私立中学・博徳学園への転校生・犬神明(いぬがみ あきら)は、満月が近づくと不死の力を発揮する人狼だった。その力が元で次々とトラブルに巻き込まれていきーーーーーーー


二巻で不良共にボコボコにされたにも関わらずケロリと登校してくる犬神君。

ウルフ1


態  度  で  け  ぇ  w

不良「ナンナンダコイツハ・・・」

そりゃそうだ。

それでも懲りない不良達。
今度は犬神君のムスコを三枚おろしにするなんて言い出す始末。
さすがにソレは嫌なのか犬神君も抵抗。でもズボンおろす行為を避けるだけ。
でもその後振り下ろされるバットは避けずに食らう。それ何てツンデレ?


そんな誰に何をされようがクールな犬神君が珍しく熱くなるシーンが。

ウルフ2


先生の一人が不良グループを'狼'と例えた事に猛反論。
そりゃあ自分は狼そのものですからねぇ。
狼に関するうんちくを語り出す犬神君はまるで好きなアニメを馬鹿にされたオタクを見ているよう。
いやこの例えは彼に失礼ですね。

他にも名前が犬神君と一文字違いの「神 明」という意味深なルポライターの登場など見所満載でしたがまさか本気で噴出すシーンが最後に来るとは・・・


ウルフ3


アッー!

テーマ : 漫画の感想 - ジャンル : アニメ・コミック

20:49  |  コミック感想(続巻)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2008.06/22(Sun)

月光条例(1)

月光条例 1 (1) (少年サンデーコミックス)月光条例 1 (1) (少年サンデーコミックス)
(2008/06/18)
藤田 和日郎

商品詳細を見る


~あらすじ~
青い月が地上に届く時、「おとぎばなし」の世界がおかしくなる。
青い月の光を逃れ正気を保てた鉢かづき姫は「月光条例」執行の為、助けを求め読み手(人間界)の世界へ行き岩崎月光と出会うーーーー


記念すべき第一回目は何の漫画にしようかと思っていたんですが、俺の大好きな漫画家の一人、藤田和日郎さんの新作第一巻が出た所だったので迷わず決定しました。
「うしおととら」「からくりサーカス」などで知られるとおり妖や人外が絡むストーリーが得意な人なので今回は何がテーマなのかと期待していましたが「おとぎばなし」と言う事でああ、藤田さんらしいなぁと。

肝心の内容も一話目からフルスロットルで盛り上げてくれてるのはさすがとしか言い様がない。
月の光でおかしくなったおとぎばなしの世界の緊張感がひしひしと伝わってくる。
しかしまぁ、「おとぎばなし」の住人は「おとぎばなし」の世界の武器でしか倒せないってなら金棒飲まないでそのままドツけば良くね?とくだらない事を考えたりもしたけど鉢かづき姫のその能力を活かす場面もこれから出てくるんでしょう!

あと思ったのは明確なラスボス的な存在がまだハッキリしてないなと。うしとらが白面の者だったように。
冷静に考えればラスボスがハッキリしてない漫画のほうが多いか・・・
「おとぎばなし」で最強を謳える存在って何だろう?
「おとぎばなし」自体あまり詳しくないけど間違いなく金太郎は強キャラ。
素手で熊倒すとかパネェ!
まぁ最終的に一番強い奴倒して終わりっていう単純な話になるとは限りませんが。
仮にそうだとしても問題なく楽しめるでしょう。

ところで何で藤田さんの漫画だけいっつも乳首アリなの?
絵がエロくないから?w
15:42  |  コミック紹介(初巻)  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
2008.06/22(Sun)

当ブログについて

~このブログについて~
当ブログの記事はネタバレ上等な内容となっておりますので閲覧の際は自己責任で宜しくお願いします。その点を踏まえた上で参考にしたり、既読本であれば共感したりして頂ければ幸いです。

当管理人は漫画は楽しむモノと思っているので真面目に考察などをする気はさらさらありません。
ネタをネタとして見れない方は肌に合わないかもしれませんのでご注意を。

相互リンク等、何かあればメッセージでお願いします。

~著作権~
当サイトに掲載している画像は著作権所有者の権利を侵害する目的では一切使用しておりません。
掲載に問題がある場合はご連絡下さい。確認が取れ次第、対応させて頂きます。
15:33  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2008.06/21(Sat)

立ち上げ

とりあえずブログ立ち上げ。
週間少年チャンピオンの感想と日々購入している漫画の紹介、レビューが主になると思います。
まだ手探りの段階なのでマトモな記事は次から・・・と言う事でお願いします。
09:47  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。