09月≪ 2017年10月 ≫11月

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2011.12/31(Sat)

2011年まとめ。

世間的には激動の年なんて言われているけど漫画はどうか。
出版業界としては電子書籍に関する大きな動きはあったね。アマゾンの件とか。
ネットのニュースで軽く目を通した程度なのでココで偉そうな事言える程理解してない。昔っから漫画や雑誌を読み続けてるけど特に紙という媒体に執着はないので個人的にはとっとと電子化して欲しい。頼まれて貸す時とか重いんだよ。

でもよく考えたら、そーやって友人や知人に貸すっていう行為は電子化されるとどうなるんだろうね。
コピって渡しちゃったら余裕でアウトだし、端末ごと貸すしかないのか?紙が無くなる訳じゃないし、雑誌はデジタルで単行本は紙っていう形が当面ベターなのかな。どちらにせよ日本の業界の腰の重さじゃいつになるかも、どうなるかもわからないか。

ここからは普通に漫画の話。あくまで個人的な。
今年どんなの読んだっけ?って感じで過去ログ見ながら書いてる。

とりあえず@バンチの創刊が今年の始め。
全体的に微妙だと思いながら唯一期待できると思った『軍靴のバルツァー』が今年のすごい!33位と健闘。一定の評価は得ているようで何より。

軍靴のバルツァー 1 (BUNCH COMICS)軍靴のバルツァー 1 (BUNCH COMICS)
(2011/07/08)
中島 三千恒

商品詳細を見る


今年始まった訳じゃないけど『第七女子会彷徨』はファンになった。というか、つばな作品。
それ町の石黒さんの元アシなので作風も似てる。よって「劣化それ町」なんて言われそうな気がしないでもないけど俺はSF分が多めなこっちのほうが肌に合ってる。ただ話の当たり外れが大きいのがたまにキズ。

第七女子会彷徨 1 (リュウコミックス)第七女子会彷徨 1 (リュウコミックス)
(2009/07/18)
つばな

商品詳細を見る


短いながらも単純に面白かったのは『バード』かな。
山根×青山コンビの相性は異常。
トンデモ理論を迫力の絵でゴリ押ししてくるのがたまらない。
ひょっとしたら続きがありそう?

バード -最凶雀士VS天才魔術師- 1 (近代麻雀コミックス)バード -最凶雀士VS天才魔術師- 1 (近代麻雀コミックス)
(2011/07/07)
青山 広美、山根 和俊 他

商品詳細を見る


長い付き合いだった『エクセル・サーガ』も遂に完結。
それと同時期に新たに4作品も出してしまう六道さんの引き出しの多さにびびった。唯一『サラカエル』だけファンタジー色が強すぎて合わなかったかな。

エクセル・サーガ 27 (ヤングキングコミックス)エクセル・サーガ 27 (ヤングキングコミックス)
(2011/10/29)
六道 神士

商品詳細を見る


今年一番嬉しかったのがまこらの復活。
休刊になった雑誌でやってた漫画がまわり道しながらも数年経って復活なんて奇跡に近い。
妖怪漫画なんて、どちらかと言えばニッチな需要なので客観的に考えると人に薦めるのは難しいかもしれない。でもそんな事はいいんだ。まこらが父ちゃん母ちゃんに会う為の道筋が出来ただけで嬉しい。応援してるよ!

少女奇談まこら 1 完全版 (電撃ジャパンコミックス ア 1-2)少女奇談まこら 1 完全版 (電撃ジャパンコミックス ア 1-2)
(2011/10/15)
平野 俊貴、阿部 洋一 他

商品詳細を見る


こうして見るとスポーツ物が少ない。スポーツや格闘漫画もそれなりに読んでるけど雑誌で読んで満足しちゃうんだよね。
あとやっぱり基本二次オタなのでキャラクターを重視する傾向ああるように思われる。ペロペロしたいもの。仕方ないね。

来年は画像付きの記事は書かないかも。スキャンしてサイズ調整して張り付ける作業がおっくうで・・・・
その代わりマメに更新・・・できたらイイネ!

良いお年を。
スポンサーサイト
14:18  |  日記  |  TB(2)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑
2011.12/11(Sun)

雑記。

『このマンガがすごい!』が出る前に適当にランキング予想書こうと思ってたんだけど、いつの間にか十日過ぎてたっていう。まだ買ってないんだけどね。

どこの書店行っても『ヒナまつり』が推されているので買ってみた。

ヒナまつり 1 (ビームコミックス)ヒナまつり 1 (ビームコミックス)
(2011/07/15)
大武 政夫

商品詳細を見る


このテのアウトローギャグはズルいよね。「ヤクザだけどいい人」っていう有りがちなギャップに好感を抱いてしまう人の性。でもズルいと思いつつ、推されるだけのセンスは間違いなくある。面白ぇ。

二巻でキャラが一気に増えるけど、増えると同時にそれぞれのポジション、役割もアッサリ決まっちゃうので読む側としても受け入れやすい。二人目のサイキック少女のアンズのまさかのホームレス化とか、瞳ちゃんの幸薄少女化とか、詩子さんの姉御ポジとか。

俺はアンズちゃんペロペロ出来れば満足なんですけどね。


話変わってチャンピオン、というかてんむす。

フォロワーの方で「天子が苦しむ姿をやっと見れた」みたいな事を言ってた人が居たんだけど、わかる気がする。その方がどこまで本気で言ってたのかは定かではないけど、感覚的には近いんじゃないかな。

言葉にして説明するのは難しいんだけど、詰る所、春風天子というキャラクターがあまり好きじゃないんだろうね。
一見、あざといキャラクターのように見えて読んでいると「イラッ☆」とする事もしばしば。
長年ペロリストやってるけど、こんなキャラはある意味貴重だよホント。不思議。

大食いをテーマにした漫画なんてあまり無いし、作品としてはこれからも続いて欲しいんだけど世間的にはどんな評価なんだろう。チャンピオン作品は基本あまり話題に挙がらないからなー。

10:13  |  日記  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2011.12/01(Thu)

ゴキブリ擬人化。『害虫女子コスモポリタン』


害虫女子コスモポリタン (イブニングKC)害虫女子コスモポリタン (イブニングKC)
(2011/11/22)
小谷 真倫

商品詳細を見る


もはや擬人化されないものは無いこの業界。遂に出たゴキブリ擬人化漫画!
と言っても同人界隈では普通にありそうな気がするけど、メジャー誌で擬人化Gをメインにした漫画ってのはあまり無いんじゃないかな。

何かを擬人化するにあたって本来の姿のイメージを残す、壊さないってのが最低限の条件だと思うんだけど、この作品の場合は皆から嫌われているG。さすがに清楚系では無かった。数々の環境の変化に耐えて何億年もほとんど姿を変えずに生き残ってきた彼(彼女)らがモチーフだからか、ちょっとやそっとではメげなさそうな肉食系女子といった感じ。

害虫女子コスモポリタン01

他にも色々な虫が擬人化されて出てくる。主に害虫。
Gを含めてどれもこれも容姿がギャルっぽいのは多分作者が女性だからかな。

尺が足りなかったのかその作者自身が取材に行った際のレポ漫画も載っていて中々面白かった。毎日Gの研究してる人達は慣れもあるんだろうけど、やっぱ平気で掴むのね。

擬人化された彼女達が虫視点で今流行りの女子会の如くダベっているので虫に関する雑学を学べる※ただし害虫に限る。
数々のムシちく、ゴキちくを知ればいつか役に立つ事があるかもしれない。
知ってた?Gってオシッコしないんだって!聖水プレイ出来ないね!

さあ皆この漫画読んでゴキブリぺろぺろしようぜ。
ゴキたん(^ω^)ペロペロ

               ,, -―-、       
             /     ヽ   
       / ̄ ̄/  /i⌒ヽ、|    オエーー!!!!
      /  (゜)/   / /          
     /     ト、.,../ ,ー-、       
    =彳      \\‘゚。、` ヽ。、o   
    /          \\゚。、。、o
   /         /⌒ ヽ ヽU  o
   /         │   `ヽU ∴l
  │         │     U :l
                    |:!
10:58  |  コミック紹介(初巻)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2011.11/27(Sun)

罪人を受け入れた地方都市。『羊の木』


羊の木(1) (イブニングKC)羊の木(1) (イブニングKC)
(2011/11/22)
いがらし みきお

商品詳細を見る



犯罪を犯し刑期を終えた受刑者を秘密裏に転入させる更正促進事業を受け入れた地方都市、魚深市。そしてそのプロジェクトの全容を知っているのは市長を含めた3人のみで、11人の元受刑者を受け入れた彼らの奮闘を描いた作品。

何だかテーマが重い感じがするけど作者がギャグ漫画の巨匠二人ってのがポイントで、あらすじだけ聞くとギャグとは無縁そうでも間違いなく笑えると思う。

とはいえこの作品がギャグ漫画かって言うとやはり違って、元受刑者と三人との間の緊張感もあってハラハラさせられる事もしばしば。この辺りの笑いと緊張感のバランスが絶妙な所がやっぱり大御所なんだなーと。

プロジェクトに関わる三人の中でも一番目立ち、ボケ担当とも言える月末さんがとにかく面白い。
元々気が小さい上に思い込みも激しいので元受刑者達に対して他の二人以上に悪い先入観を持ってしまって、もう無茶苦茶。その癖ちょっと慣れてくると調子に乗ってドヤ顔でセリフ決めたりしてウザ面白い。

羊の木01

この人は顔が既にギャグなんだけどね。

巻末にお二方の対談が載ってるんだけど、別にこの作品は犯罪者の社会復帰とか赦しとか、そういった高尚な考えは一切無いらしい。元受刑者と市民との生理感覚辺りに重きを置いてるとの事。

いずれこのプロジェクトの事が周囲の市民にもバレて、ひと悶着ってな展開もあり得るというか多分バレるよね。その時の周囲の反応や三人の動向もきっと面白くなると思う。とりあえず今は月末さん見て笑ってればいいと思うけどね。
08:38  |  コミック紹介(初巻)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
2011.11/24(Thu)

フィギュア界からホッケー界へ転職。『スピナマラダ!』


スピナマラダ! 1 (ヤングジャンプコミックス)スピナマラダ! 1 (ヤングジャンプコミックス)
(2011/11/18)
野田 サトル

商品詳細を見る


スポーツ漫画の紹介記事を書くのも久しぶり。アイスホッケー漫画。
マイナースポーツの漫画は需要が少ないのか、あまり長続きしない傾向があるので応援する意味でもある。実際面白いしね。

アイスホッケー漫画だけど主人公・白川朗は元フィギュアスケート選手。
同じ氷上の競技でもイメージ的には正反対とも言えるアイスホッケーの世界で彼がどういった活躍をするかってのが基本的な見所。

とある事情でフィギュアを引退した彼が引っ越した先、北海道苫小牧でアイスホッケー界の有望選手である源間兄弟と出会う事で物語が始まる。プライドが高く、自分に絶対的な自信があるロウは当初源間兄弟のホッケーを馬鹿にしていた(実際スケーティングでは圧倒する)が、彼らアイスホッケー界の高い技術を目の当たりにしたロウは心が揺らぐ。

スピナマラダ!01

元々気性の荒いロウはフィギュアよりホッケーのほうが案外向いているのでは?と周囲からも言われてるんだけど全く持ってその通りで、ハッキリした物言いと時折見せる喧嘩っ早さが見てて面白いし納得する。

ひょんな事から弱小チームの助っ人を頼まれ、アイスホッケーの初試合で見せた観客の野次に対するセリフは今まで個人競技だった為無かった仲間意識と、荒っぽいながらも筋の通った人の良さを垣間見れて中々熱かった。ロウ君かっこいいよロウ君。

スピナマラダ!02

ところでロウ君じゃないけど「スピナマラダ」って単語が覚えられない。
スピラマナダ?スピマラナダ??もうスピ何とかでいいや。
04:19  |  コミック紹介(初巻)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。